オカナツワールド

後藤田正晴さん


が亡くなられましたな…

政治家時代の後藤田さんのことはよく覚えていなくて、時事放談みたいな番組でお話なさっていた姿くらいしか知らないのですが、後藤田さんの主張はすごくまっすぐで、なんと表現したらいいのか「間違ったことを言っていない」という感じで、理解しやすかった。

佐々さんが書いた「決断するペシミスト」を読んで、ことに当たる場合の上官はどうあるべきか、みたいな姿勢を知り、その主張だけではなく仕事のやり方についても尊敬すべき人なんだと思うようになりました。

一番面白いなぁ、と思ったのは首相になるよう要請されたのを断ったときの理由。
「警察官僚あがりの総理ではイメージが暗くてよくない。」
とか何とかだった気がする。

やりたかったのか、やりたくなかったのか、わかりませんが、総理というポジションはどういう人がなるべきか筋の通った主張があったんだろう。

ことほど左様に、後藤田さんの主義主張は単なるハト派でもなく、頑固な護憲派でもなく、彼独自の「後藤田ドクトリン」があったような気がするな。
政治家の発する言葉の重み、何に重きを置かなければいけないか、組織は規律とはどうあるべきか、ぶれのない思想の持ち主だったと思う。

カミソリ後藤田の下では働けないだろうな…私。
そしてそういう人は実は今の日本では多いんではないか、と思ったり。
後藤田さんの下で働いてたら大目玉を食らうような、地に足の着いてない浮ついた人間が増えていて、それがこのくにの方向性を、傲慢で聞く耳を持たない方向にシフトさせている気がする。
私もそういうところが大いにあると自覚しておりますので、気をつけなきゃ。

自民党の大勝で早くも批判や苦言が出てきているようです。
この大勝を、後藤田さんはどう思っていただろう。

戦後60年経って、戦争の体験に拠って立つ形で事業を始めた中内さんが逝き、戦争の反省を政治家になって具現化させた後藤田さんも逝ってしまいました。
そして靖国問題もイラク問題も語られず、郵政だけが政治の主題に挙がるような、国民をバカにした選挙を広げた自民党は圧勝。
象徴的な2人の大物の死のような気がします。

--------------

全然関係ないですが、先日琴欧州の取り組みを初めて映像で見てびつくり。

あれは…相撲なのか?

そんきょのときの腰が高くて驚いた。

でも朝青龍が2敗する中、琴欧州は全勝だし、新しいスターの誕生かもしれませんね。

また外国人だけど…(ボソッ)

[PR]
by okanatsuworld | 2005-09-22 11:14 | 政治/経済/news

無芸大食晴れ女オカナツが留学時代に記していた「無芸大食留学備忘録」の帰国後バージョンです。
by okanatsuworld
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ようこそ「オカナツワールド」へ

2004.7-2005.9の英国留学時代、「無芸大食留学備忘録」というブログを記しておりました。

ブログという媒体が気に入ってしまったので、帰国後も続けてみることにしました。

メールはこちら
miffy_7947@yahoo.co.jp
@を半角にしてください。

Twitter

最新のトラックバック

メル友 藤山/メル友 藤山
from 北海道で人妻との出会い
マスターズ
from あやの日記
大相撲ってどうよ
from 大相撲
藤山 メル友/藤山 メル友
from 北海道で人妻との出会い
「こんにゃく入りゼリー」..
from やあしゅのブログっす
中垣内さんは、スゴイ・・・
from きょう、ナニあった?
しょこたんニュース
from しょこたんが人気の秘密 | ..
しょこたん批判
from しょこたんが人気の秘密 | ..
驚き!今田竜二の意外な情報
from 今田竜二の秘密知ってます?ゴ..
美童
from オモロにゅーす

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな