オカナツワールド

カテゴリ:未分類( 76 )

RENT

昨晩放送していたRENT を見た。自然と涙がこぼれた。

初めて見たときはあの時代のNYの様子、ジャンキー達の生活や文化に全くシンパシーを感じず、これが泣けると言う人の感覚が理解できなかった。
これは楽曲のよさを楽しむ芝居だと解釈した。

二回目に見に行ったときはNY、ドラッグ、同性愛、AIDSといった彼ら特有の問題は理解できなくても、主題は友情とか愛情とかのもっとプリミティブなことなんだと解釈し、実際エンジェルが死ぬシーンは悲しかった。

今回はテレビで観たこと、ブロードウェイ版を観たことなどの違いはあるけど、人の弱さとか勝手な部分を描いてるんだな、と感じた。

ミミが死ぬのを観たくないから逃げることを選択したロジャー、そしてその選択を後悔したロジャー。

そしてそんな時に醜かったり小さかったりする我々を優しく包むseasons of love 。
この曲はそれ自体で十分名曲ですが、この芝居の中で聴くとたまらないです。

この放送はロングラン公演の千穐楽とのこと、会場の雰囲気も一種独特のものがあったはずだし、恐らく役者の皆さんも感慨深かったはず。

この日の公演観た人は幸せだな。
[PR]
by okanatsuworld | 2011-06-15 19:38

レミゼmy楽。

私の中でのレミゼ楽。
まあ今回は今日を含めて三回しか観てないわけなんだが、
この演出で観るレミゼが最後ということもあり、自分の中では楽感満載。


今日はKENTAROジャベを観ることを楽しみにしてた、し、実際KENTARO さん以外のキャストは今井さんしか把握してなかった。

なんだけど、観てみてわかった、今日のキャストの組合せは素晴らしいです、
若干地味だけど(笑)、実力のある人たちばかり。

マリウスの野島さん、彼の歌はのっぺらぼうで、ただ歌ってるだけですが、歌はとても上手い。
楽しみにしていたKENTARO さんもまだ探り探り歌ってる感が否めないが、やはり歌はとても上手いので今後が楽しみ、と言うかあと2ヶ月レミゼが続けばいいのに、と思った。

そして、今日の影の収穫は何と言っても玲奈エポと新妻ファンテの組み合わせだったことです。

2003年からレミゼを見続けている私にとって二人は謂わばレミゼの申し子なので、その二人が同じステージに立って、今井バルを天国に導いているシーンは泣けた、、

それにしても、、、
いや〜終わっちゃった!
終わったら絶対やろうと思ってたのが
私的最適役者的嗚呼無情
(今までもちょいちょいやってたけど)
今日初見の役者は除きますがね、判断材料としては不十分なので。

バルジャン
バルジャンはもう誰が何と言おうと今井さんです。
今日見たらバリケードではほとんど役に立ってなかったけど(笑)、あの父性、見た目、歌声、最高です。彼帰であんなに泣けないもん、ほかのバルジャンでは。


ジャベール
これは総合力で岡さんかな〜
禅ジャベも好きだけど、演技のスタイルとか歌いかたとか聞き逃せない(見逃せない)ポイントがたくさんあって、岡ジャベは楽しいのです。

ちなみに私的にいただけないジャベも三人います(笑)

マリウス
マリコゼはぶっちゃけ嫌いなんだが(笑)、原田マリウスを見て思わずマリウスが好きになりそうだった、それくらい原田マリは素敵。
それまでは山本耕史マリか禅ジャベかな〜と思っていたが、原田くんがあっさり塗り替えた。
カフェソングあんなに一生懸命観たことなかったよ。

コゼット
「可愛さ」と「歌のうまさ」のバランスが一番いいのが菊地美香嬢。
まぁコゼットに思い入れないのでわりとどうでもいいけど、だからと言ってここが有名人枠みたいになるのは許せない。

ファンテーヌ
マルシアファンテ結構好きでした。
シルビアファンテも安心して聴いていられたけど、
力強すぎて幸薄い感じがしなかったので。

エポニーヌ
やっぱ聖子ちゃんかなあ、、真綾ちゃんもよかったですが、私は聖子推しです。

アンジョルラス
この枠ってなかなか安定しなくて、長くサカケンと誰か、っていう状態が続いて、結構色んなアンジョ観たけど、やっぱり岡アンジョかな〜、とか言って2003年参戦組としてそれは反則の答えなので、岸アンジョということにしておこう。
今年の上原アンジョもよかったです。

マダムテナ
阿知波さん。

テナルディエ
安崎さん。

ちなみに、もし私がレミゼに出られるとしたら、カルーセルの場面に出たいな。

以上、独りよがりにレミゼを振り返る、でした。
[PR]
by okanatsuworld | 2011-06-08 22:51

オランダ旅行失敗談

e0071473_16161224.jpg

e0071473_1616129.jpg

今回の旅行は4都市に滞在することにしていて、最後の滞在先アムスのホテルに着いた時に私は気づきました、その前の滞在先アーネムのホテルにカメラを忘れたことを、、、orz

アーネムのホテルに電話をしてアムスのホテルに送って欲しいとお願いしたが、週末をはさむので私が帰る日までに届くか保証はできないとのこと。
ヤマトだったら翌日には必ず届くのに!クソ!と思いつつ、分かりました、じゃあ取りに行きます、と言って電話を切りました。


そのあととりあえずキューケンホフに行って花を愛でて、今はカメラを取りに行くべくライデンからユトレヒトに向かう電車の中です。
ユトレヒトでアーネム行きに乗り換える予定。

あ〜めんどくさいことしちゃった、私のバカバカ〜と思いつつ、ライデンから乗ってきためちゃかっこいいお兄さんに釘付け、こんなことでもないとこんなキレイなお兄さんに会うことなかったわ〜と、思いながらお兄さんをチラ見、いや、もうガン見。

何時になったらアムスの宿に戻れるだろうか〜〜
追記1:ユトレヒトでかっこいいお兄さんを見失った。無事にアーネム行きの電車に乗り換えられたけど、電車が出発しない〜〜

追記2:無事カメラをゲット、今アムス行きの電車に乗っています。今日はキューケンホフに行った以外は乗り物に乗ってばかりだ、、疲れました。
[PR]
by okanatsuworld | 2011-05-15 16:16

旅の目的は、、、

e0071473_12522926.jpg

e0071473_12523044.jpg

旅順に行くことでした!

7年ほど前に坂の上の雲を読んで以来、所縁の地を訪ね歩いていて、近いところでは乃木神社、東郷神社から横須賀、江ノ島、 足を伸ばして松山、結局行けなかったけど今年の2月には豊後竹田にも行く予定をしてました。

そして今回はとうとう旅順!
広瀬武夫が第二回旅順閉塞作戦で爆死した旅順、日本陸軍が塁塁と屍の山を築いた旅順であります!

二〇三高地に上って、旅順港が見えます!
ロシア艦隊が見えます!とずっと言ってみたいと思っていた私、とうとう念願がかなう日がやってきたのであります!

が〜!この私のこの興奮、この高揚感、血沸き肉踊る感じが伝わるでしょうか。


二〇三高地は当時は禿げ山だったそうですが今は松が植林されて、道も舗装されていて、当時の状況とはかなり異なっているようですが、山の斜面はきつく、上からの砲撃・銃撃に耐えながら頂を目指すのは困難であったろうことは想像できます。

二〇三高地の上には28サンチ砲の等寸大のレプリカが備えられていて、これを60台も持って上るのは大変だっただろうな、とか、ここから旅順港まで砲弾が届いたのだからすごいな、とか、色々思いを巡らせて参りました。

そのほか、コンドラチェンコが爆死した東鶏冠山、旅順港を真下に見下ろせる白玉山、乃木大将とステッセルが講和を行った水師営などを回って参りました。

文字でしか理解していなかったことを、立体的に把握できたのはすごく収穫でした
確かに旅順港は老虎尾半島と黄金山に囲まれていて湾の外からは攻めにくそうな、正に天然の要塞、海軍が閉塞作戦を取ろうと考えたり、陸軍に二〇三高地を落とせとせっついたわけがわかる気がしました。

男子力の高い旅で意外と日本人も多くなく少し寂しくもありましたが、憧れの旅順、満喫して参りました!
[PR]
by okanatsuworld | 2011-04-14 12:52

大連に行って来ました

e0071473_1859838.jpg

e0071473_1859835.jpg

e0071473_1859828.jpg

2009年 5月オランダ
2010年 5月オランダ 10月米国東海岸
2011年 2月九州
と旅行の予定を立ててはさまざまな事情により
ことごとく中止になり、少なくないお金をキャンセル代金として払ってきた私、とりあえず飛行機に搭乗することが一番の目標でした。

大連はその昔日本とロシアが租借していた街で、今は日本の駐在事務所が多く置かれているそうで、とてもキレイな街だと聞いていましたが。

空港を出るとやはりホコリっぽく(黄砂か?)、外に出ると口の中がパサパサしてくるのでした。

大連に着いたら「大連なう。」とやりたかったわけですが、twitterにもFBにもアクセスできず、こうして帰国後にブログをアップしてるわけです。

うわさには聞いていたが本当にアクセスできなかった、、恐るべし中国。

大連は高いビルが沢山あるし、ブランドショップが林立してるところもあるが、少し露地に入ると恐ろしくボロボロでカオスなところも沢山あり、
う〜ん、この国にGDPで負けるのか〜と思ったりもした。

そして大連は英語が通じません。
明らかに観光客用のお店でも英語も日本語も通じない。
我々の泊まったホテルは星5つついてるらしいですが、それでもベルボーイとか英語うまくないです。。

大連ではロシア人街、旧日本橋、河本大作の家のあったところ、お東さまのあったところなど見てきましたが、我々の旅のメインイベントは大連ではないのであります!

それはまた別の機会に。
[PR]
by okanatsuworld | 2011-04-11 18:59

知らんかったー!!!

レミゼのキャストスケジュールもう発表されていた。
これからは熟考に熟考を重ねる日が続く。
何回観に行こうかなー。

今回の私的な見どころは折井さんのコゼットと、何よりもKENTAROジャベと禅マリ!
原田くんはマリウスになったのだね。うん、そっちのがよいと私も思っていた。

残念ポイントは、松原アンジョがないこと。
前回も体調不良によるキャスト変更で観られなかったので、結局観られないままだった。。。
松原くんはフイイでも出ないのか、残念。。。
あとサカケンアンジョがない。これ知らなかった。。。
シルビアファンテもない。
菊地美香ちゃんコゼもないか。。。

司教がプリンシパルに載っていて驚いたが、林さんがなさるからなんだね、林さんの司教さまはとてもすばらしいと思いますが、その後のレーグルにちょっと無理があるような。。。(笑)

とか色々考えてるともう止まらない、変態エキスがほとばしるわー!
本領発揮でございます!

山祐さんは5月の前半までしか出ない模様ですので、ご利用はお早めに〜
[PR]
by okanatsuworld | 2011-01-06 12:55

山本五十六大将

家のこと後回しにして仕事・遊び・勉強をやり続けて約半年、そろそろ立て直す時期に来ているように思う。
遊びはもちろん、仕事も勉強も全ては現実逃避だったようだ。

何より全てが非効率である。

昨日ゴルフの練習に連れて行ってくれた大将は、俺は山本五十六みたいだろう、と言っていたが、確かに彼の宣言したとおりの時間で全てのことが進んだ。

今の私には大将のような行動はきっとできないが、本当はああでありたいし、あのような人に呆れられない自分でありたい。

いい加減仕事を言い訳にするのはやめよう。
[PR]
by okanatsuworld | 2010-12-19 12:22

土曜日はゴルフ!

師匠がいなくなってゴルフに連れて行ってくれる人がいなくなったのが目下最大の懸案事項だったわけですが(笑)、天の配剤、新しい師匠(大将とお呼びいたしております)にめぐり合うことかなひまして土曜日早速お供させていただくことと相成りました〜

ありがたいことに大将は浮島グリーンで有名な超難関コースのメンバーさんでありますので、そちらで何度も特訓させていただければ私のゴルフの腕もめきめき上達するであろうこと間違いなし!

天はすばらしい邂逅を与えてくださるものであります、感謝!
[PR]
by okanatsuworld | 2010-12-16 12:18

怒涛の観劇期間も後半戦へ

後半戦の私の主戦場は勝手知ったる日生劇場、なのでありますが、花道ができていたことには驚かねどスッポンができていたことには驚いた。。
客席のところだよね、あれ?どうなっているの?
今年3月に染五郎さんとらぶりんの衆道の話し観に行ったときもスッポン使ってたかな?

今年5月に松竹座で合邦庵室の場だけ観たけど、これは通しで観ないとよく分からんな、と通しで観てみて思いました。

まあそれにしても、5月も書いたけどこれだけ美しくない菊之助さんを観ることもあまりないです。
最後は汗か涙かお化粧も溶けてどろどろになっていた。。
しかも、通しで観てるからかもしれないけど玉手のエキセントリックさと言うかストーカーぶりがパワーアップしていた。。

5月はプライベートに色々あって、人の生死にまつわることを見るのがつらくて仕方がなくて、だから泣いたんだと思っていたけど、今回もやはり泣けた。

菊五郎父ちゃんと東蔵母ちゃん、それぞれの娘に対する愛情に泣けました。

また来週も泣いてきます。
一つ驚いたのは、今回菊之助さんは玉三郎のお兄さんに教えを乞うたと言っていたが、過去の上演記録を見ると玉三郎さんが玉手を演じていた記録がない。

女形の最高峰と言われるこの役を玉三郎さんが演じていたことがないのにも驚くけど、演じていないのに教えられちゃうことにもっと驚いた。。

俊徳丸の梅枝さんは、難しい役柄でしかもセリフも多いのに、素晴らしかったと思いました。
戸惑った表情をすることが多かったが、その表情に正直萌えました(笑)

だったんは、珍しい!としか言いようがない、歌舞伎であそこまでの群舞観たの初めてです。
踊りもカッコよかったし、私の好きな若い俳優さんたちがたくさん出ていて、ワタクシ非常に満足です。

また来週も若い衆を観て目の保養してきます。
[PR]
by okanatsuworld | 2010-12-12 21:50

第一回歴史オフ会終了!

知人のご好意で歴史に詳しい方(と言っても私より遥かに若い方ですが)をお招きいただき、歴史オフを開催してもらいました。

私ノートとペン持参でいそいそ出かけてしまいましたわ。

第一回のテーマは新田義貞だったはずなんだけど話しがとっちらかって新田義貞の話しはほとんど出ずじまい。。

でも戦国や幕末だけでなく、三国志からガンダムの話しからオススメのお城の話しから色々できて、普段隠してる自分を出せて、めちゃくちゃ楽しかった!

今年一番楽しかったイベントは江ノ島横須賀巡りだったのですが、それに匹敵するぐらい楽しかった!!

歴史に詳しいその方は大学の史学部をご卒業されていて、今もご趣味で原典をあたってらっしゃる方なので全く太刀打ちできないのはもちろんなんですが、とにかくちょっと本読んだくらいで分かった気になっていた自分を恥じ入りました。

三国志を理解するために読むべき本を教えていただいたので、年末年始はそれを読みたいと思います、手に入れば。(彼曰く普通の本屋には置いてない、とのことなので。)

あ〜本当に第二回以降が待ち遠しいっす。
[PR]
by okanatsuworld | 2010-12-11 23:23

無芸大食晴れ女オカナツが留学時代に記していた「無芸大食留学備忘録」の帰国後バージョンです。
by okanatsuworld
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ようこそ「オカナツワールド」へ

2004.7-2005.9の英国留学時代、「無芸大食留学備忘録」というブログを記しておりました。

ブログという媒体が気に入ってしまったので、帰国後も続けてみることにしました。

メールはこちら
miffy_7947@yahoo.co.jp
@を半角にしてください。

Twitter

最新のトラックバック

メル友 藤山/メル友 藤山
from 北海道で人妻との出会い
マスターズ
from あやの日記
大相撲ってどうよ
from 大相撲
藤山 メル友/藤山 メル友
from 北海道で人妻との出会い
「こんにゃく入りゼリー」..
from やあしゅのブログっす
中垣内さんは、スゴイ・・・
from きょう、ナニあった?
しょこたんニュース
from しょこたんが人気の秘密 | ..
しょこたん批判
from しょこたんが人気の秘密 | ..
驚き!今田竜二の意外な情報
from 今田竜二の秘密知ってます?ゴ..
美童
from オモロにゅーす

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな