オカナツワールド

カテゴリ:travel( 6 )

オタク全開ツアー


(とても楽しかった旅を備忘録として記しております。いつにも増して独りよがりであり、また相当な長文になっております。ご注意ください。)

児玉源太郎大将に喝を入れてもらうべく、また国を愛するこころを再確認すべく、三浦半島近辺をうろうろするツアーに出てまいりました。
ツアーのプランニングをしていたときからwktkでしたが、行ってみたら想像をはるかに超える楽しさで、しかも予期せぬ収穫もたくさんあり、こんなにコスパ(自分にとっての効用が高いという意味でのパフォーマンス)のいい旅もなかなかないぞと思ったわけです。

何年か前の新聞記事で児玉神社なるものが江ノ島にあることを知り、その記事をデスクのパーテーションに貼り付け、いつか行かねばと思いながら苦節ウン年、とうとうその夢が叶いました!
東郷神社と乃木神社には何度も足を運んでおりますが、二百三高地が落ちたのは、ひいては日露戦争に勝利できたのは児玉大将が自ら旅順に赴いてくれたからだと思っている私は、やはり児玉大将が祀られているという神社にどうしても行きたかった、そして自堕落でたるんだ毎日を送っている自分に喝を入れたかったのであります。
e0071473_231553.jpg

児玉神社は宮司さんもおらず社務所すらどこか分からなくて、本当に小さな小さな静かな神社でしたが、訪れることが出来てとてもうれしゅうございました。
さらに!爾霊山から持ち帰ったとされる石を路傍で見つけ、旅順攻防戦の激しかったことに改めて思いをいたしたわけであります。
e0071473_23152479.jpg

さて、江ノ島は何度か訪れたことがありますが常に誰かのあとをついて行っており、何があるのかよく知りもせで訪れておりましたが、岩本院(現在は岩本楼)だとか稚児ヶ淵だとか、弁天娘女男白浪ファンにはたまらないスポットがあることが分かり、さらには菊五郎丈や菊之助丈の手形、二人が植樹したしだれ梅なども発見し、興奮することしきり。
e0071473_23154259.jpg
e0071473_23153341.jpg

江ノ島は児玉さん(坂の上の雲ファン)のみならず、音羽屋さんファンにも必須スポットだったのであります!(ってかあの演目観てれば分かるよね。。。そもそも江ノ島は弁天様が祀られているのだし。)

さてその次に控えしは(黙阿弥風)、基地の街横須賀で海自の港と米軍の港をめぐる船に乗ったのですが、これがまた楽しすぎました。。。
イージス艦「あたご」と「きりしま」を観たときはえもいわれぬ興奮に包まれました。
そのほか米軍の原子力空母「ジョージワシントン」や、日本の自衛隊の艦船を間近でたくさん見ることが出来、この「軍港めぐり」はよく知らずに参加したのですが乗って大正解でありました。
e0071473_23243250.jpg

最後に、横須賀と言えばやはり三笠です。
三笠は6年前に一度観に来ておりましたが、当時は坂の上の雲を読んでおりませんで(秋山真之すら知りませんでした。。。)、よく分かりませんでしたので坂の上の雲を読んだあとに、もう一度行きたいと思っていたのでありました。
e0071473_23252431.jpg

坂の上の雲とは別に、どうしても横須賀に来てもう一度三笠を観たい理由があったのですが、ようやくそれが実現し、個人的にも色々リセットしてまいりました。
6年前に来たときにご飯を食べたおそば屋さんはもう無かったが、かき氷を食べた喫茶店は今も在りました。

三笠を見学したあと横須賀海軍カレーを食べて帰路に着き、〆として家で菊五郎さんの弁天娘女男白浪のDVDを観て、それはもうかなり前のめりになって観て、すばらしい一日で興奮すること甚だしかったのでその分だけ疲労も甚だしく、DVDを観賞したあとはすぐに休んでしまいました。

本当に本当に楽しかったのですが、この楽しさの全てを理解してもらうのはなかなか難しいと思ったので、ブログに残させていただきました。
お読みくださった皆さん、ありがとうございました。
そして何よりもこのオタクツアーに同行してくれたあなた!に感謝です。
e0071473_23201641.jpg


[PR]
by okanatsuworld | 2010-04-27 23:21 | travel

旅の終わりに


ワシントンDC・ダラス空港から書き込みです。

マサオが第一線で働いてくれることが分かったこともこの旅の収穫であります。

せめて空港のラウンジでおいしいコーヒーを、と思ったけど、ここもイマイチ。

アメリカではついぞおいしいコーヒーに出会えなかったな。

でもこのラウンジのネットワークは相当強くていいですね、ホテルの無線は夕方~夜のトランザクションが増える時間帯は、本当に心もとないものだったので。

ではそろそろ搭乗手続開始です。
ごきげんよう。

[PR]
by okanatsuworld | 2008-05-10 00:47 | travel

アメリカ考


色々とアメリカのスケールの大きさを見せつけられた旅でございました。

才媛ちゃんの「地球の歩き方」によると美術館が結構あることが分かり、ナショナル・ギャラリー(西館・東館)とフィリップス・コレクションに足を運びました。

フィリップス・コレクションは有料ですが、ナショナル・ギャラリーは無料ですよ。
西館は、彫刻の部屋も入れると100以上部屋があるのに、無料ですよ。
無料といえば大英博物館も無料でしたが、あそこにはdonation boxがありました。でもここにはない。

美術館結構行ってますけど、13時に入って17時の閉館までいたのって初めてかもしれない。
(NYのメトロポリタンもそれくらいいたかったけど時間がなかった…)
メムリンクの画をここでもまた観て、もしかしてメムリンクの画を一番観ている日本人なんじゃないかと思ったり。(ウソです、言い過ぎました、すみません)
フェルメールの画も3点くらい観て、こうなったらフェルメールの画を全部観ることをライフワークにしようと思ったり。
これだけフランドルの画があっても、ヨルダーンスの画はないんだなーとちょっと残念に思ったり。
でもモネもドラクロワもゴヤもピカソもファン・ゴッホもルノワールもドガもセザンヌもエル・グレコもミレーも観た(ボナールが好かれていたみたいで結構たくさんボナールの画を観たな)。

2日間をほぼ画を観ることだけに費やした、しかもこれだけの美術館があることを知らずに来ただけに、大変幸せな滞在でした。

まあそれにしてもあれですよ、軽くガリバーになった気分。
巨人の国に紛れ込んだ感じがいたしました。
一つ一つの建物が横にやたらでかい。ワンブロックあるくのが大変。
日比谷の第一生命さんの本社?ビルありますよね、あんなののもっと横幅が広いのがぼこぼこ並んでる感じです。

スケールでかいわ。アメリカ。

あとすばらしいと思ったのは、

1.建物内はほぼ禁煙。
才媛ちゃんにジャズバーに連れて行ってもらったのですが、ジャズバーでさえ禁煙ですよ。
私にとっては居心地よかったですが、お酒飲むとこでも禁煙というのはすごいね。
日本より進んでる。

2.インターネットが無料
これはすごい。さすがアメリカだと思った。
ホテルの部屋からアクセスしたけど、時間でいくら、とかせこい商売しない。(パリではチャージされた)
そういえばNYに出張できたときもホテルの無線LAN無料だったわ。
マサオ大活躍でした。

3.あちこちでジョガーを見る
日本より走る人の人口が多いのかな。
ホワイトハウスの前とか国会議事堂の前とか、緑が多くて、走りたくなるようなところが多い。
私もちょっとだけ走ってきました。
ジョギングシューズ持って行ってよかった。

---------

以下はネガティブキャンペーン。

ホテルは申し分なかったんです。

食べ物以外は。

私は無芸大食で味バカで、食べるものの好き嫌いはあるけど味にはうるさくないことが取り柄だったんですが。
ホテルの朝食はまったく受け付けませんでした。
まずいというより猛烈な胸焼けを起こすので、それ以来ホテルのレストランの前を通るのも苦痛になってしまいました。
この私をして食欲をなくさせるんだから、相当です。
さらに、コーヒーまでが激マズです。
私も足元に及ばないくらいの味バカが厨房にいるとしか思えません。
さらにこの朝食のソーセージだとかハッシュポテトだとかを平気で食べている客も…

そんなわけでジャンクフード好きの私がまったくそういったものを受け付けなくなり、朝はフルーツとジュースとコーンフレーク、というダイエット中の女学生みたいなメニューになり、つわりかと思いました。
美術館めぐりに疲れ果て、さすがにちょっとおなかもすいてきたのでハーゲンダッツのスムージーみたいなのを頼んでみると。。。

出たよ、バケツみたいなカップ。

甘いよ。3口で降参だよ。
これ全部平らげたら私明日尿に糖が混じるよ。

そこはフードコートで、見回すとマックだとかピザだとかなんかジャンクフードの展覧会みたいになってましたが、まあみんなよく食べるわ、あんな炒め物や揚げ物ばっかり。
見てるだけで胸焼けがしてきた。
しかも飲み物はみんなバケツだし。どうせお茶とかお水じゃなくてコーラとかでしょ。

もうね、暴言ですけど、食べる量にも食べる物にも、品位とか、美意識とか何も感じないんですよ。

私だってジャンクフード好きですし普段あまりたいしたもの食べてないですけど、それでも料理は芸術だし文化だということはよく分かってる。日本人だもの。
翻ってアメリカの子供たち、子供のころからこんなものばかりを食べさせられているんだとしたら、ほんとかわいそう。

って言うか、、、そりゃ太るよ!

この大きさ、この量が普通だと思って育ってきたら、太るよ!
明らかに一日3000カロリーくらい摂ってるよ。
大人もさることながら、肥満児が多すぎます。

この国で、普通の体型を保ってる人を尊敬します。
聞けば必ず残しているらしいもんね。

アメリカ人に言いたい。ミャンマーの支援もしたいよね。トルネードの支援もしよう。
でもさ、もう少し長期的視野で考えてみて。
あなたたちが通常よそう量をこれから8割にしたらさ、ものすごい食糧が浮くと思うよ。
それをほかの国にまわすことができれば、今後そう遠くはない将来訪れるであろう食糧危機の解決策のひとつにはなると思うのだけど。

やはり、食べるものがなく飢えて死ぬ人がまだこの地球上にいる一方で、あれだけの肥満の人がごろごろいる国がある(見慣れてしまうほど)、しかも食事を残すことをなんとも思わない(食べきらないことがおしゃれなのか?と思うほど)人がいる、というのはいびつであると思います。

私もやせなくちゃ…(ボソ)

まあでもあの量食べて消化できる胃袋を持つ国が輩出する選手だもの、そりゃ何やらせても丈夫だわ、強くなるわ、と思いました。
アンガールズみたいな人見ないもの。
胃薬とかあるんですかね、この国は。

-----------

CNNはオバマとクリントン、たまにミャンマーという感じです。
こんなに政治のニュースばっかりやってて飽きないのかね?
おもしろいのは、CNNはミャンマーと言ってますが、部屋に届くUSA Todayにはビルマと書いてありますね。
日本でも対応が分かれてるみたいですが、こっちでもそうみたいですね。

ああー日本に帰ったらおうどん食べたいな。

[PR]
by okanatsuworld | 2008-05-09 16:07 | travel

ワシントンDC


におります。

何の準備も下調べもしておらず、こちらに住む友人才媛ちゃんが見るに見かねて「地球の歩き方」を貸してくれました。
調べてみると美術館があるみたいで、フェルメールの画まであるらしい。

スミソニアンの航空博物館に行くか、ペンタゴンかホワイトハウスの前で写真を撮るか、とか思っていましたが、美術館に行くことにします。

では。

[PR]
by okanatsuworld | 2008-05-05 19:56 | travel

Trip to Central Europe


ザルツブルグ・ウィーン・プラハ・チェスキークルムロフに行ってました。

カメラが壊れたので写真をアップできません。

帰ってきて驚いたことは

長嶋さんの奥さんが亡くなられた
高校生の自殺
高校生の娘がお父さんを斧で殺した

と色々あるけど、一番びっくりしたのは

モウリーニョ辞任

だったりします。

しかもそんなニュース、ヤフーのトップページとかではわかりゃしない。
弟が、たぶんこれが一番大きなニュース、と言って教えてくれました。

[PR]
by okanatsuworld | 2007-09-25 19:29 | travel

旅行の話


をしましょうかね。

20 Mar - 23 Mar 香港 
24 Mar - 26 Mar 那須塩原で温泉&ゴルフ

というスケジュールでございました。

香港のプライオリティは

1.スパに行く。
2.いいホテルに泊まってまったりする。
3.友人に会う。

だったので、夜は11時くらいまでにはホテルに戻っていたし、朝も9時くらいに部屋を出る、という感じで、かなりぐうたらしてました。
特に行きたいところとかもなく(と言うか調べもしなかった)、友人たちに丸投げでした…

向こうで私の相手をしてくださった、

空姐さん(ですよ!Bigappleさん!覚えておいでですか?)
さくさん
ロブさん
パームさん

ありがとうございました!
皆様にいろいろなところにつれて行っていただき、おいしいレストランもご案内いただき、しかもご馳走になってしまい、私皆様にいくら感謝してもしきれません…

本当はKenny(留学中のブログを読んでくださっていた方ならおそらくご存知。香港からの留学生)にも会おうと思っていて、行く前もいついつ行くから、と言っておいたし、行ってからも電話したりSMS送ったりして、いつが都合いいか何度も確認もしたのに、実際にその日になって電話したら、
「疲れて眠たいから明日にして」
とかふざけたこと抜かしやがって、わしゃ明日帰るっちゅうねん。

香港は確かに近いけど、でも、
「今日は無理だからまた来週にしようか」、という距離ではないっちゅうねん。

ホテルは部屋は狭いけどキレイでよかった。

しかしスパが、、、これが大ハズレ!!!

めちゃめちゃ楽しみにしていて、帰る日に予約を入れておいたのに(最後のお楽しみ、と思って)使うオイルが強すぎて湿疹が…

昨年11月にひどい肌荒れを起こしてから、しばらく大変で(年末まで皮膚科に通っていた)、ここへ来てようやくよくなってきていたのに、また大変なことになってしまった。

今までほかのスパとかエステではこんなことになったことなかったので、今回のオイルが刺激の強いものだったんだと思う。

女子力アップさせにいったのに、ダウンだよ、これじゃ…。

---------------

帰国翌日の夜(土曜日の夜)那須に向け出発。
前泊で乗り込み、日・月と西那須野CCというところとホウライCCというところでゴルフしてきました。

ぴょんきち先生(今回の幹事)という、80叩いたら今日はボロボロ、というレベルの方に、アプローチやバンカーショットやパットなど、小技を中心に教えていただきました。

ホウライでは最終Hで人生初のパーを決め、超ご機嫌でした。
ホウライはキャディー付だったのですが、そのキャディーさんがすっごくいい方で、へたくそな私にも優しい言葉をかけてくださるの。
パーが取れたのもそのキャディーさんのおかげ。

2打目の場所から、グリーンまでの間に、左手に少し池があったので、右側を回って(刻んで)行こうかな、と思っていたら、

C「池越せるから!150くらいだから、思い切って打ちなさい!」

と言われ、短いアイアンをバフィー(おヨネ)に持ち替えた私であります。
それにしてもまさか2打でグリーンオンするなんて。

まあ自分で言うのも何なんですが、結構上達しましたよ。
ぴょんきちさんも驚いていたもの。
「前は蚊の止まるようなスウィングだったのに…オカナッちゃん、うまくなったね!」って。

ちなみにぴょんきちさん、右手の親指骨折していたにもかかわらず青ティーから打ってバーディーとってました。(しかもイーグルパットを外してのバーディー)
恐るべし…

でも、今回も池に打ち込んだり(2日でロスト7個くらい?)、バンカーから出られなくて救済してもらったり、教えてもらったりしたホールもあったので、スコアは数えてません。。。
早くここに公表できるくらいにはうまくなりたいなぁ。

ああーゴルフってめっさ楽しい。
もっとたくさん練習したいし、コースにも出たい。

以上、旅行レポートでしたー。

[PR]
by okanatsuworld | 2007-03-29 19:50 | travel

無芸大食晴れ女オカナツが留学時代に記していた「無芸大食留学備忘録」の帰国後バージョンです。
by okanatsuworld
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ようこそ「オカナツワールド」へ

2004.7-2005.9の英国留学時代、「無芸大食留学備忘録」というブログを記しておりました。

ブログという媒体が気に入ってしまったので、帰国後も続けてみることにしました。

メールはこちら
miffy_7947@yahoo.co.jp
@を半角にしてください。

Twitter

最新のトラックバック

メル友 藤山/メル友 藤山
from 北海道で人妻との出会い
マスターズ
from あやの日記
大相撲ってどうよ
from 大相撲
藤山 メル友/藤山 メル友
from 北海道で人妻との出会い
「こんにゃく入りゼリー」..
from やあしゅのブログっす
中垣内さんは、スゴイ・・・
from きょう、ナニあった?
しょこたんニュース
from しょこたんが人気の秘密 | ..
しょこたん批判
from しょこたんが人気の秘密 | ..
驚き!今田竜二の意外な情報
from 今田竜二の秘密知ってます?ゴ..
美童
from オモロにゅーす

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな