オカナツワールド

カテゴリ:theatre( 46 )

組曲虐殺


夕べ教育テレビのETV特集で「これができたから死んでもいい 井上ひさしさん最後の戯曲」と言う番組をやっていました。
私はあの人のプライベートの面と思想的なものへの抵抗がどうしても拭えないのだけれど、戯曲のセリフはすばらしいな、と思いながら見ていました。

「命あらばまた他日。元気で行こう。絶望するな。」
「絶望するには、いい人が多すぎる。希望を持つには、悪いやつが多すぎる。なにか綱のようなものを担いで、絶望から希望へ橋渡しをする人がいないものだろうか・・」

プロレタリア文学と言うものから縁遠くもちろん蟹工船も読んだことがなく、多喜二の地下活動に何らシンパシーも抱いていない私は『組曲 虐殺』を理解したとは言えないのかもしれないけれど、そう言えば手塚治虫さんの『アドルフに告ぐ』でも、池田理代子先生の『オルフェウスの窓』でも、専制政治、横暴な権力と戦う弱き労働者の姿が描かれていた。
長いものに巻かれたほうが楽だし安全であることは間違いないのに、なぜこんなに危険を冒してまで、自分の利益になるわけでもないことに命を賭けられるのか、と言うのが私の共通した疑問。

ふじ子は思想が共有できたけどタキちゃんにはできなかった。
ユリウスはアレクセイの思想を理解したかったから、裕福な家(アーレンスマイヤ家)を飛び出してロシアに渡ったけど、シューラにはそれができなかった。

タキちゃんの「多喜二くん!絶望するなぁ!」は悲しかった、一緒にリスクは負いきれない、ふじ子のように命を賭して同じ理想を追うことはできない、でも多喜二のことは好きだし、また会いたい。

ちょっとね、このお芝居井上芳雄くん目当てで行ってしまったので、ちゃんと世界観に入りきれなかったんですよ、昨日の特集観て、ああそうか、と思うことが結構あって。
このお芝居録画しておいてよかったです、また観ます。

余談1:「ロマンス」はかなりよくできたお芝居だと思ったし、とにかく出ている俳優さんが優秀な方ばかりなので願わくばこれもう一度観たい。

余談2:「漫画を読む」という行為を人生の中から捨てたけど、例外の漫画が2つだけあって、その1つが「オルフェウスの窓」。
もうオル窓とは20年以上の付き合い!だけど、今でも1年に1度くらい無性に読みたくなる時期があって、読む度に新しい発見があってその度に泣く。
ああ、アーレンスマイヤとか書いてたら読みたくなってきた〜。

余談3:「ラインハルト」といえば銀英伝でありますが、初めて銀英観た時「ラインハルト」ってどっかで聞いたことがあるなーと思っていたが今日分かった!あの天才ピアニスト、悪魔の曲を作ったあの人がラインハルトですね。オルフェウスの窓の舞台も最初はドイツ(レーゲンスブルク)だし、他にもダブった名前の人いないだろうか。
あ、「アドルフに告ぐ」もドイツだね、そう言えば。

[PR]
by okanatsuworld | 2010-06-07 19:32 | theatre

19May


●本日は新橋演舞場に来ております。
熊谷陣屋が悲しすぎました。
昨日本日と重い芝居を観てしまいました。。。

今から海老さまの助六です。
楽しんでまいります。

写真は本日の河東節の皆さん。
e0071473_18553490.jpg


●十六年は一昔、夢だ夢だ。

●煙管の雨が降るようだ。

●股くぐれぇ。

●演舞場で昔の上司をお見かけしてしまいました。。
あの方には本当によくお目にかかります、何年か前、浅草の新春歌舞伎でもお会いしたし、オペラシティでもお見掛けしたし。

オぺラに連れて行っていただいたりオぺラのチケットも何枚もいただいてしまったこともあるし、思い返せばここでも甘やかされていた。。。

しかもその上司はサッカーも好きなので何度かサッカーも一緒に観に行きました。

仕事はともかく(笑)、趣味の話が合うとてもいい上司でした。

[PR]
by okanatsuworld | 2010-05-19 18:55 | theatre

18May, 2010


●オランダに行かないことになったので、「失われた時を求めて」を読むのも止めました。
読みかけで中座していた本に戻ります。

●今朝は8時羽田発伊丹行の便に乗らねばならなかったのに目覚ましが鳴らなかった?のか、気付かなかったので予定していた時間より一時間も寝坊しました。
しかも今日大阪で会う予定をしている友人からのメールで起きたので、もし彼からのメールがなければ完全に寝過ごすところでした。
plantさんありがとう〜

e0071473_10244038.jpg


松竹座で歌舞伎を見る目的で、やってまいりました。
松竹座、初めてです。

●勧進帳を観たのは何度目かしら?誰と誰の組み合わせで観たかな?
この芝居の面白さを完全に理解したとは思えないけど、経験値は積んでると思う。

●菊之助丈の玉手は素晴らしかったです。
合邦を初めて見たので他の役者さんの玉手とは比べられないけど、あんな肉食系の菊之助くん初めて見たし、最後あんなザンバラ青ざめてみめ麗しくない菊之助くんを見たのも初めて。
でも息も絶え絶えにととさま、ととさま、って言ってるシーンは号泣しながら観てました。
今私が、人が死ぬということにセンシティブになっているからかもしれないが。。。
でも親はやっぱり子供がかわいいし、死んでいい命なんてないな、っていう当たり前のことを感じた。
大阪まで観に来てよかったです。

●のぼりは右近くんと萬ちゃんと菊之助くんなんですが、何回もトライしたけどうまいこと撮れなかった〜。

e0071473_1663065.jpg


●歌舞伎鑑賞後友人に会ってきました。
彼に会うのは一年ぶり。
またごちそうしてもらっちゃった。。。

長い付き合いで、ご飯だけでなく野球やサッカー、お芝居など色んなところへ連れて行ってもらったけど、私下手したら一度もお金払ってないんじゃないか。。。(恐怖!)
20代の頃にそうやって甘やかされると、こうなる、という典型かもしれません、私。

でもとにかく気が滅入る日々だったので、友人に会って他愛もない話ができてよかった。

昨日も色んな人からメールや電話をもらったけど、みんな優しかった。

私は人づきあいがとにかく下手で、それはずっとコンプレックスのままここまで来てしまったけど、それでも落ち込んだとき、包み隠さず心情を吐露できる人がいるというのはありがたかった。

私も人に優しくなれますように。
plantさんありがとう、また遊んでね。

e0071473_224302.jpg


[PR]
by okanatsuworld | 2010-05-18 16:06 | theatre

昨日の邦楽ジョッキーのゲストは


ミュージカル俳優の伊礼彼方さんでした。
実は彼をまだ舞台では観たことはないのですが、エリザでルドルフやってる方ですから期待の新人なんだろうとは認識していたし、松也くんとも知り合いということは知ってたのですごく楽しみにしてました。

聞いてビックリよ!

ものすごい苦労人ですよ。
同じルドルフやってた井上芳雄くんとは対局な感じ。

25歳までストリートライブをしてたらしいが、全然芽が出なかったらしい。

スカウトされてテニプリ出てからも大人の事情で揉めたりして、ミュージカルの世界に足を踏み入れてからもとんとん拍子ではなかったらしい。

今は帝劇の舞台にも立つようになって、ファンクラブもできて、スターの1人となったけど、いや、それまでの苦労は想像を絶する。
しかもその苦労を明るく話すんですよね。
もう笑って話せるのかもしれないけど、いやいや笑い話じゃないから、みたいな話しばかり。

でも大変な思いをしてきたからこそ言える素敵なメッセージもあったり。
人生のリセットはいつでもできるのかも、と思ったし、努力することを止めなければいつか報われるんだな、とも思えたし。


28歳の若者に学ばせていただきました。ってかいっぺんにファンになっちゃいました♪

いや伊礼くん生で観たいわ、歌を聴いてみたいわ。
今年の秋エリザに出るっけ?

来週の邦楽ジョッキーも引き続き伊礼くんがゲストなので絶対聞かなければ。

それにしてもさすが舞台人だけあって二人とも声がいい!
声フェチの私的にツボでした。

ちなみに伊礼くんなんとなく橋本さとしさんの話し方に似てます。
笑えます。

[PR]
by okanatsuworld | 2010-03-21 11:41 | theatre

うわ〜


3月の歌舞伎座の公演決まったけどえぐい、三部構成になっているがチケット代が変わらない。

想像どおり菊之助くんは三月の歌舞伎座に出るようですが(一部と二部)、女暫を見るか(巴御前は玉三郎さんですけどね)、弁天小僧菊之助を見るか(弁天小僧は菊五郎さんですけどね)迷うーーー

弁天娘女男白浪は実は3回観ているのに対し女暫は一度も観たことがないので女暫を観たい気もするが、播磨屋の南郷力丸と高麗屋の日本駄右衛門というのがこれまた豪華で見逃せない気もする

と言うか音羽屋と高麗屋は仲がよくないと聞いたことがあるのでこの組み合わせはびっくりと言えばびっくりなんですけど、だからと言って私が高麗屋さんを観たことがないわけじゃないので、今までもあった組み合わせなのかなぁ?
(いや、確かにあった。幸四郎さんの加古川本蔵と菊之助くんの小浪を観たことがある。その芝居に菊五郎さんが出てたか覚えてないけど←罰当たり).

うーん安いチケットでどちらも観るか?
どっちかに絞っていい席で観るか?
ここが思案のインド洋、ならぬ木挽町でござる。

[PR]
by okanatsuworld | 2010-01-26 19:11 | theatre

祝・邦楽ジョッキー録音成功


以前のエントリで松也くんがDJマッティとして活躍しているNHKの番組邦楽ジョッキーを聴きたい、できればPCで録音してiPodで聴きたいと書きましたが、結論から申し上げると成功しました。

有楽町のビックカメラで、USBで接続するアンテナ?のようなものを買い、受信設定・タイマー設定が完了したのが夕べの夜中2時ごろ。
アンテナを窓際に置いてもノイズが入るので音質的にどうかな、また、ちゃんとタイマーは動くのかしら、と心配しておりましたが、朝起きて、邦楽ジョッキーフォルダに新しいファイルが一つできていたことに安堵。
聞いてみたら音質も思いのほかよく、ストレス無く聴くことができます。

ちゅうかもう既に5,6回聴いた。

最後の難関は、メインでiTunesを使っているPC(名前はすわこ)とラジオをつなげたPC(名前はダイナ)が違うことで、録音したファイルをどうやってすわこに移せばいいんじゃろか、と悩んでいたのですが(ダイナにもiTunesは入っているけど、つなげたら同期してしまうんじゃないかと思い、違う方法でやりたかった)、今は便利なものがあるんですね、同じアカウントであればネットワークでiTunesのファイルを共有できるんです。

と言うわけで最後の問題も難なくクリア。

毎週金曜日の夜にダイナの電源をONにすることだけを忘れなければ、マッティは私のもの♪(違う)

それにしても私ビックカメラは大好きですが(特に4階)、たまに店員がうそつくことがあるから要注意。

今回も「PCでラジオが聞けるアンテナみたいなのはどこにありますか?」と聞いたら、「ありません」というので、「いえ世の中的にはそういうものがあるんです」、と分けの分からない返しをしてしまったら、「在庫として置いてません、インターネットラジオを録音するものならありますが」と言いやがった。

私危うく帰るとこだったよ、結局自力で探したさ。(違うフロアだった)

前もなんか違うこと言われたことあったんだよな、忘れちゃったけど。

まあ無事聞けたからいいけどさ、思いのほか高いクオリティだったから満足だけどさ、プロとしてどうなの、という思いはある。

---------------

で、最近は菊之助くんよりはまってしまったかもしれない松也くんなんですが。

最近彼のブログを読み出して、また今回の邦楽ジョッキーを聞いて、丁寧で真摯な態度や言葉遣いにますます惹かれると同時に、新たな発見がたくさんありました。

1.巨人ファンだった。。。orz 
野球ファンだ(と言うか野球やってた)とは知っていたが、巨人ファンなのか。。。
まあ東京の子だからしょうがないけど。

2.ミュージカルが好き。
うん、これは嬉しい。私もミュージカル大好きなので。
はまったのがRENTと聞いて、しかも大号泣したと聞いて???だったけど。(私はRENTにはそれほどはまらなかった)
長いかもしれないけどぜひレ・ミゼを観てほしいなぁ。彼がどういう感想を述べるか聞いてみたい。

3.TDRが大好き
しょっちゅう行ってるらしい!!!なんと!!!
昨年、私の人生にTDRは必要ない、と豪語し友人を一人無くしましたが(笑)この日に行けば松也くんに会える、と分かっているなら全然行くのになぁ。

番組では巳之助くんと萬太郎くんが僕たちも一緒に連れてってください!とか言っていたが、おばちゃんも一緒に行きたいです!と言いたいわ。
そういう意味ではTDRはまだ私にとっても必要かも、ごめん、まいちゃん。←無くした友人の名(笑)

しかしこの番組自体も思った以上に素晴らしく、Subscribe決定です(って自分で操作するんだけどさ)。
何が素晴らしいって松也くん自身の魅力もそうなんですが、歌舞伎のお話がポロポロ出てきて(当たり前か)ものすごく勉強になる。

演目のお話、躍りのお話、唄のお話、お稽古のお話などなど、知らなかったことがたくさんです。

あー来週が楽しみだわー。
好きな番組:邦楽ジョッキーってあまりにも渋すぎるかしら。

[PR]
by okanatsuworld | 2010-01-16 21:58 | theatre

再演希望リストには


挙げていなかったけど、一度観て楽曲のよさにはまってCDを即買いしたミュージカルがござった(ただしCDは日本語版がないので英語版) が、その再々演が決まった。

The last five years.

このお芝居は2人芝居なのでコスパがとてもよい(笑)が、役者はほぼ出づっぱりなので大変だろう

最初は芝居の構成が分からず観るのに苦労していたが、分かってきてからは後々どんな内容の歌を歌っていたっけ?と思い出さなくてはならなくなり、注意力、記憶力が必要とされる、とともに、わかんなくなったからもう一度観に行きたいな、音楽もいいし、とも思わされる危険な芝居でもある(笑)

レ・ミゼのマリウスでミュージカル役者としての山本さんの魅力にはまって以来、山本さんの舞台をちょくちょく観ているが、このThe last five yearsは本当にステキで、再々演が決まって本当に嬉しい。

箱がグローブ座からシアターコクーンになるとのこと、どっちがいいんだろう?(グローブ座は客席と舞台が近くてとてもよかったので、行きにくいけど。)

[PR]
by okanatsuworld | 2010-01-15 12:48 | theatre

お菊もいいけどお松もね


菊之助くんの舞台を見に行くとだいたい松也くんも出てて、まだ今ほど体も大きくなっていなくて女形の役が多かったころからきれいな人だなぁ、と思ってはいたけど、昨年の十二夜の久利男、今回の旭輝黄金鯱の春勝あたりから、体格のよさと、男性(立ち役)としての美しさに惚れてしまい、なんかどんどん好きになってきちゃいました。

松也くんのやってるラジオ番組が聞きたい。どうしても聞きたい。そのラジオとは。。。


邦楽ジョッキー。


かつては亀冶郎さんや松緑さん(当時は辰之助さん)もやっていたらしい。

なんですけどこれがとんでもなく変な時間にやるのです、宮仕えの身にはつらい。

で、録音できないか考えた、ときに気がついた。

我が家のコンポって10年選手なんだよねーーーーCDくらいしか聞かないのであんまり支障はないが、よく見るとついている媒体(受け付ける記録メディア)がカセットとMDという。。。

日本の音響機器がガラパゴス的変化を遂げた名残だわ、MDって。

カセットやMDに録音するのもなんなので(と言うか今も売ってるんだろうか?)、PCで録音して、できればiPodでも聞けるようにしたい(そうすればいつも松也くんと一緒♪)、と思い色々機器や手段を模索中です。
何とか今週の金曜日までに手を打たないと、土曜日の放送が聞けぬ!!!
今度の放送はゲストに巳之助くんと萬太郎くんが出るのじゃ!(確か)

ああ、そのうち私長唄がうまくなりそう。長唄習いたいんだよねぇ。。。

ちゅうかさ、邦楽ジョッキーがPod cast配信してくれればいいのに。。。お願いしますよ、NHKさん!

[PR]
by okanatsuworld | 2010-01-12 21:17 | theatre

国立劇場で


旭輝黄金鯱を観てきました。

正月の音羽屋は三宅坂、というのをようやく学習いたしまして、初めて足を踏み入れた。

音羽屋さんの公演は菊之助くんのみならず、松也くん、右近くん、亀三郎くん、梅枝くん、権十郎さんなど好きな役者がたくさん出るので、お得感があります。
いっぺんに出てこられると、誰を見ていいか困っちゃいますが。

菊之助くんの女形が見られなかったのは残念だったけど、菊之助のふんどし姿が見られて眼福眼福。
また変態風吹かせてすみません。

あ〜松也くんきれいだったなあ、セリフも聞きやすいし、素敵だった。

ネタバレになるので多くは書きませんが、趣向を凝らした演出でとても楽しめました。

でも、復活狂言だからなのか?大向こうさんの掛け声がひどかった。。
セリフと重なってる人もいた。
あと

きくじゅうろう!
うこん!

とか声掛けてる人もいたけど、あれはよいのだろうか?

最後に手拭撒の手拭を無事いただき、帰ってまいりました。

[PR]
by okanatsuworld | 2010-01-09 23:50 | theatre

くたびれすぎた


秩父宮でラグビー観てそのあと新橋で歌舞伎観てきた。

盛りだくさん過ぎてくたびれた。

色々書きたいことがあるが、くたびれすぎたのでまたの機会に。

[PR]
by okanatsuworld | 2009-11-21 23:32 | theatre

無芸大食晴れ女オカナツが留学時代に記していた「無芸大食留学備忘録」の帰国後バージョンです。
by okanatsuworld
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ようこそ「オカナツワールド」へ

2004.7-2005.9の英国留学時代、「無芸大食留学備忘録」というブログを記しておりました。

ブログという媒体が気に入ってしまったので、帰国後も続けてみることにしました。

メールはこちら
miffy_7947@yahoo.co.jp
@を半角にしてください。

Twitter

最新のトラックバック

メル友 藤山/メル友 藤山
from 北海道で人妻との出会い
マスターズ
from あやの日記
大相撲ってどうよ
from 大相撲
藤山 メル友/藤山 メル友
from 北海道で人妻との出会い
「こんにゃく入りゼリー」..
from やあしゅのブログっす
中垣内さんは、スゴイ・・・
from きょう、ナニあった?
しょこたんニュース
from しょこたんが人気の秘密 | ..
しょこたん批判
from しょこたんが人気の秘密 | ..
驚き!今田竜二の意外な情報
from 今田竜二の秘密知ってます?ゴ..
美童
from オモロにゅーす

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな