オカナツワールド

カテゴリ:日常( 153 )

座右の銘


※このACの広告は私の座右の銘であるため、常にトップに来るように設定してあります。


ほんっとダラダラ生きるのやめよう。
自分を甘やかすのはやめよう。
e0071473_1227166.jpg

[PR]
by okanatsuworld | 2012-12-31 23:59 | 日常

May 22, 2010


親子で自堕落な日々を送ってしまいましたが(笑)、やりたいと思っていてできたことも書いておきます。

●クリーニングを出して回収してしまう。
もっとも嫌いな作業なのです(笑)
しかも20,000円行かなかった!まぁすべてを半額タイムに出せたことが大きいですが。

●カバンをクリーニングに出した。
デパートを何件も回ったりインターネットでも探したりしてようやく見つけたサイズのカバンなのでできれば長く付き合いたい。
どれくらいきれいになるか今から楽しみ。

●お布団を買ってもらった。
いつまで羽毛布団で寝てるの!と母上に言われ、もう羽毛布団で寝てはいけない季節なんだと知る(笑)。
またもや母上に布団を買ってもらう(羽毛布団も母からの贈り物?であった)

●ハイビスカスを植え替える。
この子は本当に丈夫な子でもう植え替えも3回目。
毎夏次から次へと花を咲かせてくれて楽しいです。

●図書館に本を返す。

●サークルの仕事を完了させる。
5月はこの作業が結構重かったですが、ほぼ完成です。

●秩父宮にラグビーを観に行きたかったがテレビ観戦で我慢。
来年のW杯出場決定を寿ぐ。

大したことして無いか。。。
あ、あと本日レイが天に召されまして、北斗の拳第2部完結です。

[PR]
by okanatsuworld | 2010-05-22 20:52 | 日常

May21


e0071473_13221411.jpg

清澄庭園に来ています。

●先週の日曜日の夕方に風雲急を告げることがあって、私は結局今 日本にいます。

日曜日の夜と月曜日は泣いて過ごし、お師匠さんに叱咤され、火曜日は大阪でplantさんと菊之助さんにはげまされ、水曜日以降は同じく遣りきれない気持ちを抱えた母と遊び歩きました。

現実を逃避した1週間が終わりました。

事態は好転するわけでもなく、ただ時間の経過を待つだけの状態が続きますが、現実を受け止める強さを持ちたいです。

[PR]
by okanatsuworld | 2010-05-21 13:22 | 日常

May 20, 2010


●靴に続き、カバンもクリーニングに出しました。
10,500円とのことですから、買うより断然安うございます。

靴もカバンも、自分に合ったものを見つけるのが大変で時間がかかるのがストレスだったので、自分の使い慣れたものが蘇るのであれば、こんな嬉しいことはござりませぬ。

お金のみならず時間の節約にもなりありがたい限りでござります。

というわけで他の靴もきれいにしてもらおうっと。


●東郷青児美術館でユトリロ展を、三菱一号館美術館でマネ展を観てきました。
マネ展は2回めです。

ユトリロが病める画家、と言うことは知っていましたが、あんなに気の毒な生い立ちだとは知りませんでした。
彼が描く画は色彩が鮮やかで明るいだけに、悲しくなりました。

そしてマネは恵まれているなぁ、と感じました。
やりたいことをやりたいようにできる環境がどれだけ幸せでありがたいか。

マネ展は先日行ったときより混んでいました。

e0071473_193546.jpg

e0071473_193644.jpg

e0071473_193677.jpg


●帰りにエシレでマドレーヌとフィナンシェを買ってきました!
いただくのが楽しみです。
一度でいいからエシレのクロワッサンを食べてみたいなぁ。

●帰宅して、タジン鍋でラタトゥイユを作ってみました。美味!またやってみよう。

[PR]
by okanatsuworld | 2010-05-20 19:03 | 日常

ありがとう


今日もよく泣いた

もう何が悲しいのかも分からなくなってきたけど、

いい年してこんなふうに声をあげて泣くこともあるんだなぁ

怒りのあまりしゃべれなくなる(言葉が出なくなる)こともあるんだなぁ

怒りと悲しさでのどの奥がかきむしられるように熱く苦しくなることがあるんだなぁ


今朝、もう走ることでもしないとやってられないと思って、川沿いをランしてみたけど、

走りながらも泣けて泣けて仕方なかった、声を上げて泣きながら走ってた

気持ち悪いランナーだったろうなぁ(笑)


それでも、自分を責めちゃいけないよって慰めて励ましてくれる人がいるのはありがたかった

じゃあokanatsuに何が出来たの?仕事やめて向こうに行けたの?って言われたら、確かに何も出来なかったので、じゃあ責任感じることはないよ、って、言ってくれる人がいてくれてありがたかった

電話口で泣いたりしてごめんなさい、励ましてくれてありがたかったです

明日は久しぶりの友人に会える日なので、泣かないようにしたいなぁ

[PR]
by okanatsuworld | 2010-05-17 21:32 | 日常

What he taught me


Being depressed, I poured out my heart last night to him...
He gave me following rules.

Powell's Rules
1. It ain't as bad as you think. It will look better in the morning.
2. Get mad, then get over it.
3. Avoid having your ego so close to your position that when your position falls, your ego goes with it.
4. It can be done!
5. Be careful what you choose. You may get it.
6. Don't let adverse facts stand in the way of a good decision.
7. You can't make someone else's choices. You shouldn't let someone else make yours.
8. Check small things.
9. Share credit.
10. Remain calm. Be kind.
11. Have a vision. Be demanding.
12. Don't take counsel of your fears or naysayers.
13. Perpetual optimism is a force multiplier.

[PR]
by okanatsuworld | 2010-05-17 15:28 | 日常

生きていれば色々あるね

もうオランダには行くなと言うことかもしれない
[PR]
by okanatsuworld | 2010-05-17 10:08 | 日常

苦しい


呼吸が苦しい

泣きすぎて目が痛い

バチが当たった

私の師匠は「オカナツがそこまででしゃばることじゃない」と言ってくれたけど、でも申し訳ないと言う気持ちはぬぐえない

くるしい

申し訳ない

バチが当たった

ごめんなさい

[PR]
by okanatsuworld | 2010-05-17 01:15 | 日常

ブログのスキン


この時期はこれにするって決めてたのにかえるの忘れてた。

このスキンを見ると、留学しててつらかったときのこと、イースター休暇に入る日の暖かいお天気と休暇前最後の授業(CSRでした)、その日の午後ブラッセルでお母さんに会えることがとても楽しみだったこと、みんなに黙って一人でスペインに行っちゃったこと、いろんなことが思い出されて楽しい。

その時期のブログのスキンがこれだった、このスキンのブログに、ライトアップされたアランブラの写真とかをアップしていた、留学時代のことはいろんなことよく覚えてるなー、肝心の授業の内容は忘れたけどね。

[PR]
by okanatsuworld | 2010-03-19 22:46 | 日常

Arjanからメール来たーーー


Arjanというのは英国のビジネススクール(私が行っていたところとは別のところですが)のレクチャラーで、日本の労働市場の調査のためにしばらく日本に滞在していたときに友人の紹介で知り合った、今はすっかりドメ子となった私にとっては、私と英国アカデミックをつなぐ、ああそんなところで勉強してたこともあったっけ?ってなほっそいほっそいよすがのひとりなのであります。

まあそんなバリバリのバックグラウンドを持ってますが、見た目は気のいいオランダ人のサッカー好きのお兄ちゃんでビジネススクールの先生なのにファイナンスは完全に門外漢で私が何を言っても、「ああCAPMだね」なんて言ってたのが超おかしかったことを覚えております

それから、日本ではサッカーを観る機会がない(TVがなかったらしかった)のでパブにサッカー観に連れて行ったら喜んでたことを思い出しまする。しみじみ。。。


サッカー(と言うかフットボール)は、欧州の人(特に男性)と話すときの絶好の共通言語なので、好きでよかったーと思うし、本当は今もちゃんとキャッチアップしたいんですけどね、なかなか。。。
(ちなみにフランス人とはあまりサッカーの話をしません、意外と乗ってこない。
前のボスだけはスポーツが大好きな人でジダンの頭突きの話とかしたら顔を真っ赤にして、私クビになるかしらん、と言う勢いで怒っていたけれど彼は例外)


で、Arjanにはクリスマスカードを送ってたのですが(会社のだけど。。。)返事がないので別の学校に移っちゃったのかしらん、と思っていたら、ごめん、超忙しかったんだよーーーってメールが来たのが今日。
なんでも論文を書いていて忙しかったらしいのですが、その論文というのが!(これが今日のエントリの本題ね)


Changes in Japanese Employment Practices
http://www.routledge.com/9780415447584


読みたくね?

Abstractには以下のように書いてございます。

Japan's employment practices were long considered a cornerstone to its economic success. However, the reversal in economic performance during the 1990s altered the positive perception and inspired major adaptations like the rise in performance-related pay (?seikashugi?) and non-regular employment. This book presents case-studies of the adaptations in personnel management by major Japanese firms. It highlights the diversity,the stability and the considerations behind the adaptations that are implemented by these firms. Drawing on insights from institutional theory,it shows how factors such as legitimacy and institutional interlock have guaranteed an important continuity in employment practices. It discusses how the adaptations have not actually replaced the existing practices but have been shaped by them and, as a consequence, the result may not be as revolutionary as once expected but is like
ly to last. Furthermore, it argues that the employment practices remain specifically Japanese and that expectations of convergence have so far proved misplaced.

Overall, this book is a valuable contribution to the study of employmentissues. It provides an effective framework to analyse the ongoing developments in Japanese employment practices and demonstrates that Japanese developments continue to offer important insights for human resource management and labour market institutionalisation in general.

なが。。。

まああれですよ、日本の終身雇用システムは1990年代の経済状況を受けて崩壊し、成果主義とかクビ切りとかも辞さない世の中になりつつあった。
が蓋を開けてみると意外とドラスティックには変わんなくて、日本的な慣行も残ってるっぽい。みたいなことが書いてあります。な、気がします。

読んでみたいんすけど、80ポンドもするんすね、今の為替レートでも10,000円超えますよ。

で、そんなArjanくん、Manchester University Business Schoolのレクチャラーのポジションにアプライしてるみたいです、今結果待ちみたいだけど、決まったらエキサイティングだって言ってました。
(日本とオランダがW杯で対戦するのと同じくらいエキサイティングだと書いていた。。。いやみな人)まあManchester University Business Schoolは名門ですからね、ってそういう理由で行きたいのかどうか分からないけど。

まあ長々書きましたけど、みんな自分のやるべきことをちゃんとやっていて、Better Opportunityを得ようと努力しているんだな、と言うこと。
なんか私何にも変わってないなーって反省したよ。


Arjanは日本大好きらしく、マグロのかまとかばくばく食べてて(かまが運ばれてきたときはびっくりしてたけど)、また日本に来たい!って書いてましたので、今年の6月オランダが日本をコテンパンにやっつけて日蘭関係が険悪にならない限りは、また東京に来る機会があれば食事でもしようと思います。

[PR]
by okanatsuworld | 2010-02-16 20:09 | 日常

無芸大食晴れ女オカナツが留学時代に記していた「無芸大食留学備忘録」の帰国後バージョンです。
by okanatsuworld
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ようこそ「オカナツワールド」へ

2004.7-2005.9の英国留学時代、「無芸大食留学備忘録」というブログを記しておりました。

ブログという媒体が気に入ってしまったので、帰国後も続けてみることにしました。

メールはこちら
miffy_7947@yahoo.co.jp
@を半角にしてください。

Twitter

最新のトラックバック

メル友 藤山/メル友 藤山
from 北海道で人妻との出会い
マスターズ
from あやの日記
大相撲ってどうよ
from 大相撲
藤山 メル友/藤山 メル友
from 北海道で人妻との出会い
「こんにゃく入りゼリー」..
from やあしゅのブログっす
中垣内さんは、スゴイ・・・
from きょう、ナニあった?
しょこたんニュース
from しょこたんが人気の秘密 | ..
しょこたん批判
from しょこたんが人気の秘密 | ..
驚き!今田竜二の意外な情報
from 今田竜二の秘密知ってます?ゴ..
美童
from オモロにゅーす

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな