オカナツワールド

<   2006年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ピンチなこと


1.カゼが治らない
2.引越し先の水と空気に慣れるのに時間がかかる
3.ゴルフが下手
4.勉強が進まない

1.
かれこれ1週間もカゼひいてます。
先週は一日会社休んだのに、土日もショートコースはあきらめて、用事以外は家でおとなしくしてたのに、週明けたらさらに悪化してるってのは、これはいったいどういうわけだ?
今一生懸命うがいしたりみかん食べたりパブロン服んだりしてますが、すべて遅きに失した感は否めず。
これで今年の冬はカゼひかない、とかだったらいいんだけど。

2.
環境が変わるたんびにあるので(留学したときもしばらくそうだった)今に始まったことではないですが、水が変わると肌荒れが起きます。
今まで使っていたボディーソープも、今の自分には刺激が強すぎるので敏感肌用に換えました。
色々たくましかったり図太かったりするくせに、こういうことだけセンシティブなのやめて欲しい、本当に。

3.
1に書いたようにショートコースは諦めて打ちっぱなしに行ったわけですが(行くな)、アイアンはトップしてばっかだし、ドライバーはすべて右に行くし、まったくもってひどい。
しばらくラウンドの予定が無い(いくつか話はあるが、すべて予定が合わず)ので、この冬はもう一度スクールにでも通おうかと思っています。

4.
4は、1の影響もあるのですが。なんつって。
と言うか、人間というのは自分のしでかした悪事を何とかしてJustifyしようとする醜い生き物なのでありますなぁ…。
本当に勉強する気があるならカゼなんかひいてはダメだし、ひいてしまったのだったら早く治そうとしなくてはダメだ。

あんまりうまくまわってませんが、11月からはしっかりしたいと思います。

[PR]
by okanatsuworld | 2006-10-30 16:33 | 日常

日本シリーズ


あはれ中日は今年も日本一になれず。

中日はこのシリーズの第何戦の何回くらいから日本ハムに遠慮しちゃったんですかね?
このシリーズは新庄選手のものだと、遠慮したプレーになったのはいつくらいからでしたでしょうね?
中日ファンをちょっとバカにしてやいないか。
新庄選手の引退とか、ヒルマンさんがいなくなるとか、関係ないでしょう。

私は西武ファンだ。シーズン中も取り立てて中日を応援していたわけではない。
けれどこのシリーズはとても楽しみにしていたし、中日を応援していた。

だけど。
8回の裏の新庄選手の打席、涙の最終打席とかって美談になっているけど、
「谷繁さんが『泣くなよ。ストレートしか投げさせないから』と言ったのにまた泣けた」
という新庄選手の談話を聞いて、複雑な気持ちになった中日ファンは私だけではないはず。

中日ファン(少なくとも私)はあの時点でまだ試合を棄ててなかったけど、谷繁捕手が棄ててたんじゃん。
じゃあもうダメじゃん。
セギノール選手の一発が出ても、まだ2点差、とか思ってたのに、早々あきらめちゃったのはむしろ選手のほうだったじゃん、と思ったらなんかガッカリ。

選手には選手同士しか分からない、引退への思いとか相手へのリスペクトとかあるんだと思うけど、長く応援してきたファンにしか分からない、日本一への悲願ってものもあるはず。
谷繁さん、あなたが中日に来るよりも前から、いいえ、産まれるよりもずっと前から、中日は日本一になっていないんだよ。

これまで中日のことなんか一言も書いていなかったくせに、昔からのファンみたいに書くのはおこがましいし、それこそオールドファンに失礼だけど、むしろ伺いたいです、中日ファンの皆さんに。
この4勝1敗という成績をそんな美談にしてしまっていいのか?
一人の類稀なるエンタイテイナーの引退の花道を飾るため、自ら脇役に引き下がってしまったようなこのシリーズは、ファンへの冒涜なのではないだろうか?

今年は新庄のシリーズだったね、あーあ、で終わらせないで欲しいよ。

以下余談。
セギノール選手の一発が出た時点で私の母上はテレビを切りました。
これが中日ではなくて西武だったら同じことをしていたと思うので(プレーオフでズレータ選手に打たれたときチャンネル変えたし)、そういう意味ではまだまだ中日ファンを名乗るのはおこがましいかも。
なんだかんだ言ってビールかけも見ちゃったし。

余談2。
セギノールがスイッチヒッターだと昨日知っちゃいました。
これは驚いた。

[PR]
by okanatsuworld | 2006-10-27 14:31 | sport

もうそんな季節


12月は毎年聖響さんの第九を聴きに行っていたのだけど、今年は聖響さんの第九がない。
なんと12月だけで3回も聖響さんを聴きに行く予定なのに、第九はないの。

でも、「年末だから」というだけではなく、あの曲が好きなので、やっぱり聴きに行きたいと思い、色々チケットを探してみました。

そして見つけちゃった…コバケンの第九!しかもサントリー!!!
さらに、パイプオルガン奏者がいるというのでほかに何を演奏するのかと思ったら、バッハ!
それから「オンブラ・マイ・フ」!

第九だけでもおなかいっぱいなのにバッハが聴けちゃうなんてもう、お得というか、私泣くと思う、会場で。

「コリオランと第九」のチケットもあって迷ったけど、やっぱりバッハには負けた、と言うか、サントリーのパイプオルガンを聴いてみたかったのね。

いやーチケットほとんどなくて焦ったけど、買えてよかった。
11月の歌舞伎と12月の第九を励みに頑張ります。

[PR]
by okanatsuworld | 2006-10-19 11:28 | musik/concert

EURO2008予選の結果


アイルランドは何とか引き分けました。(ホームだったんだが)
それよりもイングランドが…ロビンソンの空振りはひどかった。

Grp E Andorra 0 - 3 F.Y.R. Macedonia
Grp F Iceland 1 - 2 Sweden
Grp E Croatia 2 - 0 England
Grp E Russia 2 - 0 Estonia
Grp G Belarus 4 - 2 Slovenia
Grp C Malta 2 - 1 Hungary
Grp D Republic of Ireland 1 - 1 Czech Republic
Grp B Ukraine 2 - 0 Scotland
Grp C Turkey 5 - 0 Moldova
Grp D Wales 3 - 1 Cyprus
Grp F Northern Ireland 1 - 0 Latvia
Grp A Serbia 3 - 0 Armenia
Grp C Bosnia-Herzegovina 0 - 4 Greece
Grp F Liechtenstein 0 - 4 Denmark
Grp G Luxembourg 0 - 1 Bulgaria
Grp A Poland 2 - 1 Portugal
Grp G Netherlands 2 - 1 Albania
Grp A Belgium 3 - 0 Azerbaijan
Grp D Slovakia 1 - 4 Germany
Grp B France 5 - 0 Faroe Islands
Grp A Kazakhstan 0 - 2 Finland
Grp B Georgia 1 - 3 Italy

[PR]
by okanatsuworld | 2006-10-16 19:06 | sport

引越し完了


荷造りやら片づけやらほとんど両親にやってもらってしまった…
元気で働き者の両親を持ったことを心よりありがたく思うと同時に、どうしてあのように勤勉にならなかったのか、悲しいし情けない。

とにかく、前よりキレイな家で、今はすべてのものがオーガナイズされているので、何とかこの状態をキープしたい。
どうか泥棒が入ったのかと思うような、というよりも、泥棒が入ったと思いたいような部屋になりませんように。

そんなわけで思ったよりも早く生活が落ち着いたのでいよいよ勉強モードに入ります。
留学時に勉強用に立ち上げていたブログがあるので(途中からほったらかしになってました)、勉強のことはそちらに書くことにします。
ご興味があれば遊びにいらしてください。

とやる気を見せつつ、日本シリーズだけは観戦させてください…。←やっぱり自分に甘い

[PR]
by okanatsuworld | 2006-10-16 18:13 | 日常

今年の野球は終了(私の中で)


いやー今年はWBCもあったし、高校野球も盛り上がったし、野球が楽しめた1年だったよね。
また来年も楽しく野球が見られるといいよね。

それじゃ皆さんまたらいねーん。よいお年をー。

…って言いたくもなるわ。
パナマウンガーに3ラン打たれたときは息が止まるかと思ったさ。

こんなこと書いて松坂投手には申し訳なかった。
今年4冠の和己投手を打つことは出来ないとも思っていたし、はっきり言って初戦はあきらめてた。
デッドボール出すたびにひやひやしたけど、素晴らしいピッチングでした。あつぱれ。

投手の層の薄さかな。
涌井投手を温存したかったのは分かるが、そのために出すピッチャーがあまり実績のない、2年目のピッチャーってのはどうよ。

あああー、今年は西武には何の風も吹いていなかったので(日ハムは新庄さんの引退、ソフトバンクは王監督の病気)、仕方ないのかなー。
ここで勝っちゃったらまるっきりヒールだったしなぁ。

やっぱ、またらいねーんって言うしかないわ。

------------

あ、全然関係ないんだけど、一つだけ。
国体の硬式野球の決勝戦、斎藤くんの決勝点を放ったバッティングにおいらは度肝抜かれました。
…彼はまぁ、パリーグ向きだわね。
群馬の出身ですし、どうぞ西武にお越しくださいませ、お待ちしてます。

[PR]
by okanatsuworld | 2006-10-10 18:30 | sport

うわー、どっち応援しよう


Qualifying round - 11 October 2006 19:30 (local time) - Lansdowne Road - Dublin
Republic of Ireland vs Czech Republic

テレビでやってくれるといいのになぁ。

さて先日のEuro2008予選の結果。

わがアイルランドは5-2で敗北。しかも相手はキプロス…
再来年のザルツブルク旅行の可能性は極めて薄くなりました…

Grp B Faroe Islands 0 - 1 Lithuania
Grp D Wales 1 - 5 Slovakia
Grp B Scotland 1 - 0 France
Grp E England 0 - 0 F.Y.R. Macedonia
Grp D Czech Republic 7 - 0 San Marino
Grp C Moldova 2 - 2 Bosnia-Herzegovina
Grp E Russia 1 - 1 Israel
Grp D Cyprus 5 - 2 Republic of Ireland
Grp C Hungary 0 - 1 Turkey
Grp F Sweden 2 - 0 Spain
Grp F Denmark 0 - 0 Northern Ireland
Grp A Serbia 1 - 0 Belgium
Grp E Croatia 7 - 0 Andorra
Grp G Romania 3 - 1 Belarus
Grp G Slovenia 2 - 0 Luxembourg
Grp B Italy 2 - 0 Ukraine
Grp A Portugal 3 - 0 Azerbaijan
Grp A Armenia 0 - 0 Finland
Grp A Kazakhstan 0 - 1 Poland
Grp F Latvia 4 - 0 Iceland
Grp G Bulgaria 1 - 1 Netherlands
Grp C Greece 1 - 0 Norway

[PR]
by okanatsuworld | 2006-10-10 03:08 | sport

中日M5


代打・立浪 サヨナラ打で男泣き

昨日はオシムジャパンと国体の高校硬式野球の決勝のニュースが見たくてスポーツニュースを見たが、一番感動したのはこの立浪選手の涙であった。

立浪選手は私が高校生の頃は、私を含む野球好きのミーハー女子高生の間ではアイドル的存在だった。(歳バレますがな)
体は大きくないが、卓抜した野球センスとシュアな打撃。
そして何より甘いマスクと、少し恵まれなかった生い立ちが我々アホバカ女子高生にウケた。

2000本安打もあっという間に達成し(本人にとってはあっという間じゃなかったんだろうけど。でも2年先輩の清原選手より早かった。清原選手から花束を受け取っていたのをよく覚えてるよ)、それでもここ最近は長年蓄積してきた疲労や、ケガにもよるのだろう、守備や走塁にも衰えが目立ち始めていたらしい。
今年に入ってからはほとんど代打でしか使われなくなったと聞いたときは心底驚いた。

昨晩、立浪選手がバッターボックスに立ったときの球場の歓声はすごかった。
自分がナゴヤドームに行って、「代打・立浪」のアナウンスを聞いたら、おそらく私も大声を上げるに違いない。
みんな立浪選手が大好きなんだ。

あの2000本安打からさらに400本以上も安打を重ねて、昨晩のサヨナラタイムリーが2413本目だったそうだ。
それだけ打ってる選手が、一番うれしいヒット、と言うんだから、想像するにあまりあるよね。

[PR]
by okanatsuworld | 2006-10-05 10:32 | sport

帰りてー


今日はガーナ戦が観たかったので19時には会社を出よう、と思っていたが、世の中そんなに甘くないねぇ。
最近また早く帰れない日が増えてきた。

今日は、帝劇はじめ私のレジャーのない日なので許すけど、11月以降は歌舞伎やらミュージカルやらで忙しいんだから、ほどほどにしていおいてくれないと困るわ。

目標22時。がんばれ私の英語脳。

[PR]
by okanatsuworld | 2006-10-04 21:20 | 仕事

早実vs駒苫、再び


1-0で早実が勝ちました。
それにしてもしびれる試合をするねぇ…。

KKのように、長く語り継がれるライバル関係となることでしょうね。

球界に新たなスターたちが誕生したことは本当に喜ばしいことです。

[PR]
by okanatsuworld | 2006-10-04 12:13 | sport

無芸大食晴れ女オカナツが留学時代に記していた「無芸大食留学備忘録」の帰国後バージョンです。
by okanatsuworld
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

ようこそ「オカナツワールド」へ

2004.7-2005.9の英国留学時代、「無芸大食留学備忘録」というブログを記しておりました。

ブログという媒体が気に入ってしまったので、帰国後も続けてみることにしました。

メールはこちら
miffy_7947@yahoo.co.jp
@を半角にしてください。

Twitter

最新のトラックバック

メル友 藤山/メル友 藤山
from 北海道で人妻との出会い
マスターズ
from あやの日記
大相撲ってどうよ
from 大相撲
藤山 メル友/藤山 メル友
from 北海道で人妻との出会い
「こんにゃく入りゼリー」..
from やあしゅのブログっす
中垣内さんは、スゴイ・・・
from きょう、ナニあった?
しょこたんニュース
from しょこたんが人気の秘密 | ..
しょこたん批判
from しょこたんが人気の秘密 | ..
驚き!今田竜二の意外な情報
from 今田竜二の秘密知ってます?ゴ..
美童
from オモロにゅーす

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな