オカナツワールド

<   2007年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

こちらへ越してきて


3回めの選挙にしてようやく迷わずに投票所に行けたオカナツです。

自民の敗北はある程度規定路線、どこまで負けるか、若しくは民主がどこまで伸ばせるか、が焦点だったわけで、どれだけ惨敗しようとも安倍さんの続投も決まっていたことだとは思いますが、しかしまあ、気持ちよく負けたもんだね。

「選挙に強い小沢さん」という評判がまた高くなったことでしょう。

最終投票率がどれくらいまで行ったのか知りたいのですが。
惜しむらくはこの選挙が参議院選挙だったことかなぁ。
衆議院選挙があったらあるいは、というところだったがなぁ。

-----------

アジアカップの韓国戦は外出していてほとんど観られなかったのですが、今朝来てフランス人のボスに言われたこと。
「日本負けたってどういうこと?イラクがアジアチャンピオンってどういうこと?」

そして悔しかった言葉。

「イラクがアジアの覇者である、というのを見る限り、日本のレベルも推して知るべしだね」

うーん。そう言われても仕方がないか。
しかし悔しいぞ。

[PR]
by okanatsuworld | 2007-07-30 16:52 | 日常

俳優祭


なんていう気の利いたイベントがあることなんてまったく知りませんでしたが今年で34回目なんだそうです。

昨日TV放映があり、帰宅したら弟が観ていて、「何これ?」と思いながら観始めたら面白くて最後まで観てしまいました。

ああ、このお祭り行きたかった…
どうやってチケット取るんでしょうね?

あのね、このページを見ていただいたらお分かりになるとおり、幕間にお弁当とかお菓子とか、いろんなお店が出ているのですがその売り子を俳優さんがなさっているのです。

團十郎さんはご自分でおすしを握ってらしたし、染五郎さんと一緒に写真を撮ったり、海老様も無愛想にから揚げを売っていたり、松緑さんもあの江戸っ子口調でお酒を売りながら自分でも飲んでいたり、、、

そしてわれらが菊ちゃんはにこにこしながらエコバッグを売ってらっしゃいました。

わーエコバッグ買った数だけ握手できるなら、私20枚くらい買っちゃうわ。
菊ちゃんすっぴんでもなんて美しいのかしら。
お肌つるつる。

最後に、菊五郎さんが32年前(!)にお書きになったという白雪姫というお芝居があったのですが、これが爆笑。
しかも、当代きってのスターがこれでもか、というほど出ているのですよ。
菊ちゃんは森のウサギの役で、あまりせりふもなかったのがちと寂しかったですが、その分お父様の菊五郎さんがめちゃめちゃわらかしてくれましたし、團十郎さんと海老様の掛け合いも相当面白かったですし、さらにはハンカチ王子だのハニカミ王子だの新しいネタも盛り込まれていましたし、本当に面白かった。

あーええもん観たわ。(最近テレビで着物着た人かユニフォーム着た人しか見てない)

母上殿へ業務連絡:
この番組は教育テレビだったのでもしかしたら再放送があるかもしれないけど、もしなくても、録画してあるのでご興味があれば今度お見せしますね。

[PR]
by okanatsuworld | 2007-07-28 01:35 | theatre

御意にございます


最近時代劇ばかり観ているので、だんだん言葉遣いが変わりそうなオカナツです。

昨日はサッカーを観ることだけを楽しみに一日過ごしていただけに、この敗戦のショックは大きく、あまりの悔しさに2時ごろまで眠れませんでした(ちょっとウソですが)。

言いたいことはたくさんありますが、一つ言えることは、

サウジアラビアはとてもいいチームでした。
試合巧者、と言うのかな。

----------

相変わらずフランス人のお姫様には腹立たしい思いをすることがありますが、

1)慣れた。
2)それでも自分という商品のマーケットでのバリューを高めるためには今はここで仕事を続けることが大事

ということもありますが、それよりも何よりも

3)そんなフランス人より腹立たしい日本人が身内にいる

ここでは身内の恥部を世間さまにさらすようなことはしたくないのでこれ以上は書きませんが、まーほんと大変です。
フランス人の気まぐれなど可愛い物に思えてきます。

それにしても、会社でいやな思いをすればするほど勉強に身が入るので、これはいいことかもしれない。
もし会社が楽しかったら、辞めようとか思わなくなって、向上心が下がりそう。

---------

香港でお知り合いになった英国の大学院生ロバートくんとの往復書簡が未だ続いているのでありますが。
今朝来たメールを見てびっくり。

ロバートの名前がニュースに載ってる…(↓ニュースは以下です)

http://www.yorkshirepost.co.uk/business?articleid=3053555

彼はHR・組織系の研究をしているので、そういう内容での企業とのプロジェクトにアサインされることが多いとは言ってましたが、ニュースにまで載っちゃうなんて。

私は実は学部の頃からHRや組織論には全然興味がなくて(あとマーケね)、そういうのを勉強するのがいやでMBAはやめた、というくらい後ろむきな人間ですので、それでなくても英語力が乏しいので、はっきり言ってこの記事何が書いてあるんだか全然分かりませんが、たぶんすごいんだろう。

ロバートは今PhDを終える最後の論文でめちゃめちゃ苦しんでるみたいでこの夏は休みなしだと言ってました。
イギリス人でも頑張る人は頑張るんだわ。。。

おいらも頑張ります。

[PR]
by okanatsuworld | 2007-07-26 10:28 | film

映画を


観たいなんて久しく思ったことはないけれど、

これは観たい。

ホラーなんて怖くて観られないし観たこともないけど、これは観たいなぁ。

菊之助さんが観たいのです。
海老さまもいいけど、私断然菊ちゃんが好き。
所作・立ち居振る舞いの美しさにぞくぞくします。

顔もちっちゃいしねー。

しかし「きくちゃん」と発音すると、どうしても林家木久蔵さんを思い浮かべてしまいますなぁ。

-----------

観たぜ、新選組血風録!

伝説の土方を。
キレイでした…

やはりみぶろの中では、副長の生き方が断然カッコいいと思いますので、やっぱしカッコいい俳優さんに演じてほしいものね。
燃えよ剣ではカラーになるので、ますます楽しみであります。

どうでもいいですが、時代劇チャンネルでは朝は「独眼竜政宗」をやっており、昨日に続き今朝も観てしまいました…
な、なつかし。。。

まだ愛姫は少女の頃の後藤久美子さんが演じているのですよ。
おっそろしく大根だが、とても美しい。

あー岩下志麻さんは政宗には冷たかったんだよなー、とか、このドラマ見て北大路欣也さんのファンになったんだった、とか色々思い出した。
明日も観ようっと。

[PR]
by okanatsuworld | 2007-07-24 13:32 | theatre

こころに響く言葉 2


アガーイさんに教えていただきました。

五省

一、至誠(しせい)に悖(もと)る勿かりしか
一、言行に恥づる勿かりしか
一、気力に欠くる勿かりしか
一、努力に憾(うら)み勿かりしか
一、不精に亘(わた)る勿かりしか   

Hast thou not gone against sincerity?
Hast thou not felt ashamed of thy words and deeds?
Hast thou not lacked vigor?
Hast thou exerted all possible efforts?
Hast thou not become slothful?

この英語は何なんでしょう?
hastはhaveの古語だそうです。

現在米内萌えの私としては、江田島で使われていたという言葉に、胸躍ります。
(たぶん米内氏はむしろこういうの嫌いだったと思いますが…)
私も毎晩、この言葉をかみしめてから眠りにつこう。

--------------------

今朝時代劇専門チャンネルを見るともなしに見ていたら(だってゴルフ見ようと思ったら今田竜二くん既にHOしちゃったあとだったんだも~ん)、「燃えよ剣」「新選組血風録」を放送するとの情報が。

そう、伝説の、栗塚旭さんの土方ですよ!

めっちゃ見た~い。

で、さっき時代劇専門チャンネルのHPを見てみたら、新選組血風録はもう既に始まっていました。
あれって確かオムニバスだったはずなんだけど、どうやって長編の物語に仕上げるんでしょうねぇ?
油小路の決闘とか超見たいっす。

[PR]
by okanatsuworld | 2007-07-23 20:27 | 日常

おら切ない


私がいつも拝読させていただいている、エインセのファンの方のブログより、勝手にいただいてきちゃいました。

e0071473_941492.jpg


この写真せつなーーーい…

泣かないで、Gabi...

大の大人の男性が、言っちゃ何だが(マダム・テナルディエ風)"たかがサッカーに負けたぐらい"で、こんなふうに顔を覆って泣くことがあるなんて。
よしよししてあげたい。

ほんとに胸が痛むわ、この写真。

[PR]
by okanatsuworld | 2007-07-18 09:44 | Heinze

エレガントだけど勝てないサッカー


3連休は勉強に充てようと何の予定も入れていませんでした。
楽しみは16日6.00amより生中継されるコパ・アメリカの決勝ブラジル対アルゼンチンと同日19.20pmキックオフのアジアカップベトナム対日本。

アルゼンチンの顔ぶれがすごい。
スタメン、私でもほぼ分かるくらいですからね。
しかも、クレスポとかアイマールとかベンチだったのに、それでも分かるくらいですからね、ほぼベストメンバー。

ブラジルはカカーもロナウジーニョもいない、ましてやカフーやロベカルなどいない、ジュニーニョはいてもジュニーニョペルナンブカーノはいない、しかもジウベルト・シウバを累積警告で欠くブラジル。

もちろんアルゼンチンの応援しますわよ、だってエインセがいるんだもん。

序盤からアルゼンチンの見せ場はたくさんありました。
昨年のセルビア・モンテネグロ戦のカンビアッソが決めたあのSuperbなゴールを髣髴とさせるボール回しと、それからメッシのような個人技と。

どんな楽しいゲームになるんだろう、ってわくわくしながら観てました。

終わってみれば3-0でブラジルの完勝。
後半は、アルゼンチンのあまりにもふがいない戦いぶりに腹立たしくさえなってました。

ブラジルは、およそ「王国ブラジル」らしからぬ試合運びでした。
格下のチームあるいはアウェーのチームがやるような、引いて守ってカウンター、という点の取り方でしたし、何より守備が素晴らしかった。
「ブラジルの守備が素晴らしい」なんて言葉、自分の人生で使う日が来るとはね。

イタリアのように堅い守りをしているブラジルに対し、エレガントなサッカーを最後まで貫き通したアルゼンチン、完敗でした。
何で、もっとサイドから崩すとか、オーバーラップかけるとか、サイドチェンジしてみるとか、色々試さないんだろう。
何で最短距離最短距離、狭いとこ狭いとこを通そうとするんだろう。

「負けるときのサッカーってそんなもんだよ、わかってるのに、同じこと何度もトライしちゃうんだよ」と弟は言ってましたが、昨年W杯グループリーグで、チェコがイタリアに歯が立たなかった、なすすべもなかったあの試合を思い出しました。

リケルメ好きですが、さすがの今日ばかりは変えてくれないかなーと思っちゃいました。
違う人のアイディアを入れなければ、ずっと同じことの繰り返し。

また守備もひどくてさ。
全部カウンターを後ろから追いかけてくかたちになってるから、いつも人数が足りない。
コンパクトなサッカーをするのはいいですが、簡単に裏を取られすぎです。

ブラジル人があの内容で納得するかは謎ですが、宿敵アルゼンチンを抑えて優勝したのですから立派です。
何よりブラジル人にあの堅い守備を教え込んだドゥンガはすごい。

---------------

翻ってわが日本。
いやさ、堂々の勝ち点7、1位通過は立派ですよ。
それでなんで相手がオーストラリアなのさ。
オーストラリアA組2位通過ってどういうこと?
イラクに負けたってどういうこと?

土曜日は、絶対に負けないわ。

[PR]
by okanatsuworld | 2007-07-17 14:43 | sport

手前味噌なはなしです


ちょっと自慢、と言うか嬉しかった話です。

新卒で入った証券会社は一部上場ではありましたが、規模も小さく、よく言えばざっくばらんな会社、悪く言えばイナカもの、野武士の集まりでした。

2年目にあっという間に営業クビを言い渡され企画セクションに異動になった私は、幸か不幸か役員さんと接触する機会が増えました。

その時に色々と優しくしてくださったのが当時の社長(以下スノマタさんとします)。
結局5年弱で退職した私でしたが、退職時には送別会まで開いてくださいました。
退職後も転職先に電話を下さり(どうも秘書さんに、「オカナツの番号知らないか」とたずねてくださったらしい。。。)お食事させていただいたこともありました。

月日は流れ、当時の社長は会長になられ、そしてこの6月を持って退任されました。

6月初めに、元同僚(彼もその会社は退職し、別の会社にいるのですが)からメールがありました。

「今日、飲み会で意外な人が来ていたよ。なんとスノマタさんがいらしたよ。」

ここまではいいのですが、

「オカナツのこと、あの子は面白い子だったってほめていたよ」

ビックリです。

もうお目にかからなくなって久しくなっていたのに(留学前にメールでご挨拶したきり)、まだ私のことを覚えてくださっていたとは…

そして、その元同僚に、7月にスノマタさんの退任祝いをやるからおいでよ、と言われ、昨日参加してまいりました。

スノマタさんは私がお邪魔することをご存じなかったらしく驚いていらっしゃいましたが、とても懐かしがってくださり、当時と変わらず
「オカナツよく来たなぁ」
と"ざっくばらん"に、話しかけてくださいました。

「僕がねぇ"オカナツという面白い子がいてね"と何度も何度も家内に話したもんだから、家内もオカナツに会ったことがないのに"オカナツ"って呼んでいるよ」

いったい奥様にどんな話をしていらっしゃるのか恐ろしくはありますが、身に余る光栄です。

新卒からの5年間ですから、若さのあまり、怖い物知らずな振る舞いをしていたことだろうと、想像するだに恐ろしいですが、それにしてもこんなに社長の覚えめでたかったとは。。。

でもこれはスノマタさんだからであって、もっと、なんと言うか、普通の、と言うか、ソフィストケイトされた、と言うか、ようするにいわゆる"えらいさん"な社長さんであれば、私みたいな若くて生意気な小娘なぞ、気にかけてもくださらなかったでしょう。

その証券会社を退職した後、色々転々として、もう自分の身だけが可愛い、すさんだ人間に成り下がってしまったけど、ン年前、確かにこんな優しくて寛大な大人たちに囲まれながら、仕事の仕方を覚えていった私がいたのでした。

退任後は会社には来ないつもりなのだけど、なかなかあいさつ回りが終わらなくて、とのことで、まだお忙しい毎日のようです。(5月から毎晩のみかいがあって8月まで続く、っておっしゃってました…)
早く解放されるといいですねぇ…

スノマタさん、いつまでもお元気で!
本当にありがとうございました!

[PR]
by okanatsuworld | 2007-07-13 18:44 | 仕事

超カワイイ


e0071473_1855179.jpg


ハートの模様と、はにかむような、訴えかけるようなマナザシ。

[PR]
by okanatsuworld | 2007-07-11 18:55 | 日常

驚いたこともろもろ


コパ・アメリカをCS?の日テレチャンネルだかなんだかでやっていた。
コパ・アメリカをテレビで観られることに驚き。

エインセが出てるー(喜)。
リケルメが復帰してるー(喜)。

ベ、ベロンが復帰してる…これは驚いた。(4年ぶりらしいよ)
アイマールも選ばれてますが、相変わらず控えで気の毒です。

サビオラは選ばれてない…(涙)
クレスポもソリンもいなかった。
(ベロンとソリンが折り合いが良くないらしい)
-----------

アジアカップ初戦を後半だけ見ました。
試合終了後のインタビューでのオシムさんの激怒りの様子に驚いた。

でも、ロッカールームで選手に対しての怒りようは半端なかったらしく、通訳の方が泣いてしまうほどだったとか。

90分闘って疲れてるのに監督がこんなに怒ってたらヘコむよねぇ、と言ったら、そんなことでヘコむようでは一流の選手にはなれんよ、とのこと。
そりゃそうだ。

--------------

その後ケーブルをかちゃかちゃ回してたら、なんと、こんなアニメ(劇場版)をやってたんです…

じゃりン子チエ。

その昔、私がまだ小学校の低学年だったン十年前、たまたまテレビで観た映画。
小鉄対アントンJr.の弔い合戦に号泣し、以来我が家ではじゃりン子チエを買い揃えました(たぶん全巻は揃ってないけど、だいたいある。)

その時以来ですよ、この劇場版を観るのは。

夜中の1時まででしたが、ええ観ましたよ、観ましたとも。
さすがに今回は泣きはしませんでしたが、子どもの時には分からなかったことがいっぱい見えてきて、別の意味で楽しめました。

何が驚いたかって、結構話を覚えていること。
「土佐犬に噛まれたんだよね。」
「ここでカルメラ兄弟に会うんだよね。」
「ここでチエちゃん歌うたうんだよね。」
「ここでテツはチエちゃんに運動靴買ってきて、石鹸を塗ると靴擦れしない、とか言うんだよ。」
とか、相当なディテールまで覚えていたこと。

どんだけ!読んでたんや、ってはなしですが。

もっと驚いたのは、声優陣の豪華さ。

テツ…西川のりお さん
ミツル…上方よしお さん

と言うのはまあ有名ですが、

マサル…島田紳助 さん
腰ぎんちゃく(タカシ)…松本竜助 さん

とか、

カルメラ兄弟…ザ・ぼんち さん

とか、

花井拳骨…笑福亭仁鶴 さん
花井渉…桂三枝 さん

とか、

何よりすごいのは、

小鉄…西川きよし さん
アントニオ&アントニオJr.…横山やすし さん

ですよ!私、太平サブローさんかと思ったけど、本物だった。

あと、名も無きテツの遊び仲間…オール阪神・巨人 さん

だって。

(あとで調べたら、この豪華なのは映画版だけみたいですね。そりゃそうだよね。)

驚いたついでに、この映画の監督は高畑勲さんなのです。
ということで、この映画はれっきとしたジブリ作品なのです…

[PR]
by okanatsuworld | 2007-07-10 11:31 | 日常

無芸大食晴れ女オカナツが留学時代に記していた「無芸大食留学備忘録」の帰国後バージョンです。
by okanatsuworld
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ようこそ「オカナツワールド」へ

2004.7-2005.9の英国留学時代、「無芸大食留学備忘録」というブログを記しておりました。

ブログという媒体が気に入ってしまったので、帰国後も続けてみることにしました。

メールはこちら
miffy_7947@yahoo.co.jp
@を半角にしてください。

Twitter

最新のトラックバック

メル友 藤山/メル友 藤山
from 北海道で人妻との出会い
マスターズ
from あやの日記
大相撲ってどうよ
from 大相撲
藤山 メル友/藤山 メル友
from 北海道で人妻との出会い
「こんにゃく入りゼリー」..
from やあしゅのブログっす
中垣内さんは、スゴイ・・・
from きょう、ナニあった?
しょこたんニュース
from しょこたんが人気の秘密 | ..
しょこたん批判
from しょこたんが人気の秘密 | ..
驚き!今田竜二の意外な情報
from 今田竜二の秘密知ってます?ゴ..
美童
from オモロにゅーす

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな