オカナツワールド

<   2007年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

日本 対 カナダ 戦(しつこくてすみません編)


今年一番楽しみにしていたイベントが終わってしまったので(サッカーのW杯と違って、ジャパン以外は結構どっちでもいいワタシ…)今はものすごく寂しい。

試合を客観的に見られなかった私ですが、BBCを読むと色々面白いことが分かりました。

試合を見ていた一般人のコメントも含め、おしなべてカナダに同情的です。

まあコメントを書いている一般人の人がカナダ人かもしれないのでなんとも言えないですが、少なくとも82分で、カナダのSH(このスキッパーがとてもいい選手。Man of the Matchをもらっていましたが納得です)が故意にボールをはじき出した(Last one playの時間帯だったので)、として反則を受けたシーンは疑問が残る(debatable)判定だったようです。

確かにね、救われた、と思ったもの。

その前も、カナダに逆転トライを奪われる直前ですが、カナダがラックからトライをしたかどうかをビデオ判定にして、結局ノートライを宣告したシーン。
ラックの状態なんてどんなカメラから見てもボールなんて見えるはずないし、あのままもう少し待ってればおそらくカナダはトライを決めたと思う。
ジャパンからすれば、救われた、だけど、これは私がカナダファンだったら怒るな、と見てても思いましたもの。

まあそんなことや、観客からの相変わらずの温かいJaponコールの後押しもあって、なんとかジャパンは引き分けに持ち込むことができました。
W杯史上2試合目の引き分けなんだそうですよ。(これもBBC情報)

--------------------

もう一つ大変喜ばしいニュースは、JK続投濃厚!!!らしいです。
こんなことならあの無責任なフランス人なんか呼ばずに最初からJKにしておけばよかったのにーーー。
休暇明け早々安倍元総理もびっくりなほどのフランス人の無責任さに怒髪天なワタシ的に、日本ラグビーフットボール協会の苦労が痛いほど分かるわ。
次転職するときはNZ系の金融機関にするわー!!!(ってあったっけ?日本に?)

-------------------

どうでもいいですが、すっかり通訳の中澤ジュリアさん萌えです、ワタシ。
試合後、選手のインタビューのとき通訳していた彼女の目も心なしか潤んでいるように見えて、何かこころがほっこりとしたなぁ。

[PR]
by okanatsuworld | 2007-09-26 19:26 | sport

日本 対 カナダ 戦 追記


今聞いて知ったのですが、日テレでは平選手のトライのシーンでCM流したらしいですね。
あの猛攻のシーンで、Last One Playのシーンで、CM流せる神経が分かりません。
ラグビーのルール知らないんでしょうね。

メディアが素人なんですもの、ファンの目も育ちにくいし、スポーツの強化もできにくいわけですよ。
まあ民放の限界と言えばそれまでですが、あと3分くらいがなぜ待てないか。

CMあけでいきなり大西選手のコンバージョンのシーンを観た方はさぞ驚かれたことでしょう。
(と言うかCMあけがどの場面だったか私は知る由もありませんが)

----------

追記(19.46 Sept 26 2007)
今日テレのHPで読んだところによると、どうも10分遅れで放送していて、82分のビデオ判定が長引いてこれではトライのシーンまで尺に入りきらん、と判断して生に切り替えたらしい。
で切り替えたら大西選手のコンバージョンだったという。

これはすごい。

見てた人10分ワープだ。
さぞ混乱しただろう…。

ラグビー協会のHPでもそのワープした10分間に何が起こったのか説明しています。
放送してくれる日テレの不手際を責められないのがつらいところだね…

[PR]
by okanatsuworld | 2007-09-26 12:44 | sport

日本 対 カナダ 戦


帰国後、ほとんど寝ていないオカナツですが、まったく眠くなりません。
ある意味時差ボケです。

なのでカナダ戦も問題なくリアルタイムで見ましたよ、ええ、見ましたとも。

最後のトライはしびれたね、さらにあの緊張するシーンでのコンバージョン、大西選手がよく決めてくれました。
確かに一つ目のトライのとき、ややイージーなコンバージョンをはずしてしまったので、あれが決まっていれば、という思いもなくはないですが、ラグビーというスポーツの面白さを改めて知らしめてくれた、夜中でもギャンギャン叫び、ぴょんぴょん飛びはね、とにかくじっとしていられないほど、トイレにも行かれないほど楽しませてくれた、我らがBrave Blossoms、JKジャパンに感謝感謝です。

e0071473_10505953.jpg


皆さん本当にお疲れ様でした。
ゆっくり休んで、ケガをしている選手は養生して、また秋からのトップリーグも楽しませてください。

ああー興奮してまだ眠くない。
現在3.41amです。

[PR]
by okanatsuworld | 2007-09-26 03:43 | sport

Trip to Central Europe


ザルツブルグ・ウィーン・プラハ・チェスキークルムロフに行ってました。

カメラが壊れたので写真をアップできません。

帰ってきて驚いたことは

長嶋さんの奥さんが亡くなられた
高校生の自殺
高校生の娘がお父さんを斧で殺した

と色々あるけど、一番びっくりしたのは

モウリーニョ辞任

だったりします。

しかもそんなニュース、ヤフーのトップページとかではわかりゃしない。
弟が、たぶんこれが一番大きなニュース、と言って教えてくれました。

[PR]
by okanatsuworld | 2007-09-25 19:29 | travel

フィジー戦の興奮冷めやらぬ


見終わったあとも、泣いていたし興奮していたし、なかなかすぐに寝付かれず、昨日はぐったりでした。

今まで私の中でのベストマッチ、と言うか、つらいことがあったら見ようと思っている試合は、2002年Korea Japanの決勝トーナメント初戦のスペイン対アイルランド戦だったのですが(つまりサッカーですが)、今日の試合はそれに匹敵するくらい。

とにかく、最後のLast One Playの部分だけでも見て欲しい。
あのがむしゃらに、ブサイクだけどひたむきに、前に前に行く姿を見て欲しい。

そして、あの先を、あの壁を突破してトライできるだけの技術とパワーを、どうにかして手に入れたい…

矢富選手が靭帯断裂でこの先出られません。
SHだもんなーつらい・・・
ぶっちゃけ小野選手のSOにもちょっと不安があるので、あー廣瀬選手とか村田選手とか呼んで欲しいー

----------

試合中、審判に注意を受けたときに箕内選手が"Sorry, mate"と言っていたり、海外のプレスからのインタビューの最後に"Cheers,"と言っていたりして、あー英国の英語だわーって思っちゃいました。
懐かしいな。

-----------

ところで明日からしばらく旅に出ますので、更新できません。
カーディフに行きたい気持ちでいっぱいですが、カーディフではございません。

[PR]
by okanatsuworld | 2007-09-14 09:57 | sport

The Brave Blossoms フィジー戦


最後は泣きながら観てました。

Brave Blossoms を体現してくれていた。
ロスタイムに入る前の最後のプレーから、向こうのスキッパーの非情なキックまでの間5分の、あの素晴らしいプレーが目に焼きついて離れない。

負けたから、この試合は勝ちにいっていたから、よくやった、とか、ありがとう、とかそんな言葉は使いたくないけれど、こうやって体も小さく、プロでもない、メジャーでないスポーツを選んだ彼らが、欧州で勇敢に戦っていること、そしてそんな彼らのいじらしいまでの奮闘に、会場全体が揺さぶられて"Japon"コールを送ってくれていること、そんなことは素直に喜びたい。

Bookmaker!(で賭けをしたイギリスの人たち!)
23点差でのジャパンの敗戦なぞ予想しやがって。

もうひとつ、興奮した全裸のファンがグラウンドに飛び込んできたとき、その人をカメラが映しに行ったことにはあきれました。
FIFAは絶対にそういう人は映してはならない、愉快犯を助長するだけだから相手にしない、という姿勢を貫いているので、サッカーではグラウンドに飛び込んでくるような人がいてもテレビ画面で見たことはなかったが。

今日は、肝心なところが映ってしまっていたよ!!!

[PR]
by okanatsuworld | 2007-09-13 03:08 | sport

ああ、安倍ちゃん


辞めたいんだなぁ。

テロ特措法に進退賭けるなんて、そうとしか思えない。

幸か不幸か、防衛問題への関心が薄いこの国では、この問題を論点にしても票が取れないので選挙の争点になることは少ないと聞く。
まあこの問題に関しては、自民と民主の隔たりがあまりなく、むしろ自党内(特に民主)でまとめるほうが難しい、という問題もあるのかもしれないが。

さて、そんな国防の問題を、いえ、国防の問題以前かもしれない、給油の期間を延ばすかどうか、ということに矮小化できる特措法の延長に、進退を賭すなんて言っちゃうあたり、もう辞めたいんでしょうね。

だったらいっそのこと衆議院解散して国民の審判にゆだねてはどうなんだろう。

なんと言うか、民意を汲み取るのが最高に下手な人だよね、政治家としてこのセンスのなさは気の毒。

--------------

この土日は、『男前堪能ウィークエンド』でございました。

土曜日:
整体に行って王子に会う(いや、会ってるんじゃなくて施術してもらうだけなんだけど)
山本耕史くんのお芝居を観る

日曜日:
井上芳雄くんのお芝居を観る

今まで私の癒しはネイルサロンだったけど、最近は整体が体のみならず心の癒しになっております。
いよいよ病院の待合室をサロンと化さしめるおばちゃんたちと同じ道を辿り始めております。

[PR]
by okanatsuworld | 2007-09-10 10:09 | 政治/経済/news

The Brave blossoms オーストラリア戦


再び。

スコアだけ見て、言いたいやつには言わせておけばいい。
あの捨て身のタックルを、ディフェンスを見たか。

リヨンの観客のJaponコールに胸が熱くなりました。

できることなら、1トライ、奪いたかったけれど。

[PR]
by okanatsuworld | 2007-09-09 00:54 | sport

体操ニッポン


3年前の夏、英国に渡っていた私は、伸身の新月面が描く放物線が栄光への架け橋となった瞬間を見ていないのです。

これは日本人として致命的であります。

昨晩、台風の影響で早く帰宅したところ、世界体操をNHKでガッツリやってくれていることを知りましたので、この不義理を少しでも取り戻すべく(?)わくわくしながら見てました。

鹿島くんはケガで不在。私の好きな米田くんもいない。
水鳥くんと富田くん以外は申し訳ないけど、初めて聞いた名前だ。
採点を見ると、点数が14点とか15点とか10点を超えている。

う~ん、知らない間に色々変わってる。

ってなことを思いながら、鉄棒を見たわけです。

私何度叫んだか。

新採点法に対応するため難易度高い技をどんどん盛り込んでくるので、もう見ていてはらはらしどおし。
「なにこの技、なにこの技!」と文字通り手に汗握りながら凝視。

アメリカの選手などはぼとぼと落ちてましたけど、水鳥くんと富田くんは完璧でした。
もう見ててブルブルきた。
何であれで16点台が出ないんでしょうか。

あと一年で中国に追いつくのは厳しいのかもしれない。
けれどこの大舞台で、この大技をピタッピタッと決めてくる若者を見て、非常に誇らしく頼もしい思いでいっぱいになりました。

こんなこと、比べてはいけないし、失礼であることは百も承知だけれど、やはり世界陸上で、日本人選手が実力を発揮できなかったことは無念に感じていて(あれが彼らの実力だという人もいるけど私はそうではないと信じてる、もっとできると思ってる)、大舞台で普段どおりの実力を出す、ということがいかに難しいかということを痛感しただけに、絶対にミスをしてはならない場面で、完璧な演技をして見せた彼らは素晴らしいと思う。
(世界陸上はホームだったから、と言うのもあると思うけれど)

ドイツのハンブッヘン、カワイイですね。←取ってつけたようだが
-------------

それにしても、甲子園もあってさー、世界水泳があってさー、世界陸上があってさー、世界体操があって、柔道世界選手権があって、ラグビーのW杯ですよ。
忙しすぎるよ。

世界陸上と言えば、私4×100M決勝でまんまと織田裕二マジックにかかっちゃった。
織田裕二さんの「このあとすぐです!」はすぐじゃない、なんてことは百も承知だったのに。
女子マラソンも、6時から中継というので、てっきり6時号砲かと思って5時20分に目が覚めてからずっと起きて見てたら、7時スタートだった。

[PR]
by okanatsuworld | 2007-09-07 12:32 | sport

時計がとどいた


早速空けてみたが、む、むずかし…

取説が読めんぞ、日本語で書いてあるのに。

なんちゃってランナーのくせに、どうもオーバースペックだったみたい。
走り終わったあと、マラソン選手がやっているような、「ピ」って時計のボタンを押す、あの仕草をしてみたかっただけなのに(かたちから入る子なので)、ボタンが6個もあってどれを押したらいいのやら、という感じです。

さらに、120もメモリできる、と書いてあるが、120回も走るだろうか。
と言うか、最速ラップとアベレージラップを保存するため、1回走ると3つのメモリーが保存される、とか書いてあって意味が分からない。←うろ覚え

日本語なのに…

まあ、それはそれとして、11月の大会にエントリーしましたので、それに向けて調整していきますよ!!!

11月使って、2月を目指すというローテーションでいきます。(若干馬並みな表現)

あ、もちろん2月のレースは東京マラソンじゃございません、応募しませんでした。
高いんだもの…(抽選だしね)

[PR]
by okanatsuworld | 2007-09-04 19:44 | diet/exercise

無芸大食晴れ女オカナツが留学時代に記していた「無芸大食留学備忘録」の帰国後バージョンです。
by okanatsuworld
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ようこそ「オカナツワールド」へ

2004.7-2005.9の英国留学時代、「無芸大食留学備忘録」というブログを記しておりました。

ブログという媒体が気に入ってしまったので、帰国後も続けてみることにしました。

メールはこちら
miffy_7947@yahoo.co.jp
@を半角にしてください。

Twitter

最新のトラックバック

メル友 藤山/メル友 藤山
from 北海道で人妻との出会い
マスターズ
from あやの日記
大相撲ってどうよ
from 大相撲
藤山 メル友/藤山 メル友
from 北海道で人妻との出会い
「こんにゃく入りゼリー」..
from やあしゅのブログっす
中垣内さんは、スゴイ・・・
from きょう、ナニあった?
しょこたんニュース
from しょこたんが人気の秘密 | ..
しょこたん批判
from しょこたんが人気の秘密 | ..
驚き!今田竜二の意外な情報
from 今田竜二の秘密知ってます?ゴ..
美童
from オモロにゅーす

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな