オカナツワールド

<   2008年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

日曜日に


10kmの大会に出てきました。
目指していた記録は出ませんでしたが、やはりレースに出るのは楽しい。
たまには「マジ走り」をしないとね。
土曜日も10km走り、日曜日も10km走ったけど足はなんともないので、それはそれで自信になりました。

ただ、諸般の事情を鑑み今後しばらくは大会に出るのは控えます。
この秋にはハーフを走れるよう、練習に励みます。
やはり距離を伸ばすためにはしっかりした練習を積まないとね…ということを福士選手の大失速に学びました。

さてその大阪国際女子マラソンのことですが。
私は、なんで1km4分台になった頃に、監督がストップかけなかったのかと甚だ疑問に感じております。
よく頑張ったとか、よくゴールしたとか、私たちは感動の話に仕立て上げるのが好きだけど、彼女はこれで競技生活から足を洗う、とかいう選手ではないので、今後を考えたら棄権させるべきじゃないのかと。
選手の今後を考えるのも監督の仕事じゃないかと思うので、なんであんなふらふらになっても走らせているのか、疑問符しか湧いてきませんでした。

しかし一緒にマラソンを見ていた父上の言葉には笑いました。
「それでもサブスリーだよ…」
確かに。

マーラ・ヤマウチ選手は世界陸上で初めて知りましたが、オックスフォード卒の外交官だと言うバックグラウンドまでは知りませんでした。
更に彼女のブログを見たら、LSEでマスターを取っていたことが判明…

今だから言いますけど、LSEって私の第一志望だった学校ですよ。
一番初めにアプライして、一ヵ月半くらいかなぁ、毎日、何回も何回もウェブサイトをチェックして、でもあえなくDing!(不合格)だったところです。
まあ有名な大学ですし、競争率も高いところだからダメだろうなぁ、とは思っていたけど…

いや、うらやましい。それでオリンピックを目指しちゃうんですからね。文武両道ってこういうことを言うんじゃないでしょうか。

私が出た一昨日の大会でも、ハーフの1位の選手(男性)は東京大学の方で、すごいなーどっちも極めてるなー、と思いましたが、本当に優秀な人は、自分を追い込む事ができるって言うことなのかな、と納得しました。
だって私って本当に自分に甘いんだもん…

--------------

話は変わって、半藤一利さんの講演会に行って参りました。
半藤さんの本は少ししか読んだことがありませんが大変面白いですし、と言うのも私が一番興味がある時代にフォーカスしていることもあって、興味深い本がたくさんありますし、更に思想的に大変極端な時代を取り上げながら、半藤さんご自身はとてもバランス感覚がよい方だとお見受けしていて(非常に僭越な意見ですが)、今回の講演会もかなり楽しみにしてました。

実は結果から言うと、期待していたほどではなかったのですが、まあ時間も一時間半という短いものでしたし、テーマも、近代史から観る21世紀のリーダーシップとか何とか、歴史から学ぶ理想のリーダーとはどういうものか、みたいな抽象的なテーマだったことも、内容がやや散漫になってしまった理由かと考えます。

ただ端々に、非常に示唆に富むお話がありまして。

以前半藤さんがどこかの女子大の講師?をなさっていたおり、その女子大生を対象に以下のようなアンケート(質問)をしたらしいのです。

第2次世界大戦中、日本が戦わなかった国はどこか?
A) ドイツ B) アメリカ C) オーストラリア D)旧ソ連

こんな質問の答えなど、私のブログを読んでくださるような奇特な方はもちろんお分かりになると思いますが、その女子大では50人中12,3人がB)のアメリカと答えたそうなのです。

半藤さんは「これはあんまりひどいだろう、と思うと同時に、いかに日本の戦後教育が歴史を教えてこなかったか、ということに愕然とした」とおっしゃっておられました。

さすがに、太平洋戦争の相手国がアメリカであることを知らない学生がいることまで学校教育のせいにしようとは思いませんが、歴史の授業で日本の近代の歴史を教えなさすぎる、ということについてはまったくもって同じ感想を持っておりましたので、それがこのような恥ずべき学生を大量に世の中に送り出しているのだとしたら(ドイツだと答えたのも12,3人だったそうなので、答えられなかった37,8名の学生は全て「恥ずべき学生」の範疇に入れるべきだと私は思います)、これは由々しき事態であります。

また、質疑応答の時間において、東京裁判について質問なさった方がいたのですが、半藤さんは「東京裁判を考えるときには、『あの裁判は、天皇陛下に罪を負わせないようにする』ということを目的として開かれている。確かに裁判のやり方としてどうなのか、という部分は大いにあったが、天皇陛下免責のための裁判であったということを頭に入れておかないと見方がおかしくなる」とおっしゃいました。

それは私知りませんでしたので、目からうろこが落ちる思いでした。

半藤さんは憲法改正には反対されているようで、思想的には亡くなられた後藤田さんと近いような印象を受けました。
私などは、今の憲法は半ば米国に押し付けられたようなものだと思っていましたけど、そうではなく、「平和」を希求する憲法というのは国民の総意だったのだと、半藤さんはおっしゃっていました。

私も分かっていないことが多いなぁ、と思いながら帰途に着いたのでありました。

[PR]
by okanatsuworld | 2008-01-29 18:03 | sport

三国志 終わる


あぁ~年末くらいからずっと楽しみであった三国志がとうとう終わってしもうた。

最後はどの国も滅ぼされて晋が国を統一するので、蜀の将来は明るくはないことは分かっていたが、それにしてもこういう終わり方だとは…。
五丈原の戦いも、Wikipediaを読むと第五次北伐、というような書き方をしているので、もっと時間をかけた大掛かりなものだったのでしょう。

「泣いて馬謖を切る」
「死せる孔明 生ける仲達を走らす」

がまさか三国志から出た言葉だったとは。
(死せる孔明、とまで言っているのに気づかなかった…)

「三顧の礼」にしてもそうだけど、今でも使える言葉が1,800年も前に起きた出来事から生まれていることがすごい。

いや、三国志の本を改めて読んでみたい、漫画も本もチャレンジしては失敗していたけど、今なら読める気がする。(人形の顔が思い浮かぶので、名前が覚えられず苦労するということがない)
何が面白いかと言うと、やはり登場する人物一人一人が個性的で魅力的だからでしょうか。
やっぱり私は趙雲が一番好きだけど、この人形劇の中ではあまりクローズアップされることがなかったので、もっと趙雲のことを詳しく知りたいわ☆

そしてもう一つ、孔明が三顧の礼を持って迎えられるほどの有能な軍師でありながら、常に劉備やその他の五虎大将に対しても臣下の礼を取り続けたこともまた素晴らしいな、と思いながら見てました。
あの孔明の腰の低さにやられた。本とか漫画とかではどのように描写されているのでしょうか?

東京都知事が、日本シリーズで山井投手を降板させた落合監督を評して「泣いて馬謖を切る」と言っていたようだが、馬謖はそれでもミスをした(と言うか軍令に背いた)という切られる理由があったのに対し、山井投手はなかったので、それはちょっと使い方が違う気がする。

まあ東京都知事にケチをつけたいだけですが。

[PR]
by okanatsuworld | 2008-01-23 13:53 | 日常

ランニングサークルのこと


毎週欠かさず出ている、というわけではないのだけど(出席できない週も一人で走ってはいますが)、年配の方が多いこともあって色々人間の幅の広い人が多くて刺激になるので、出られる週はなるべく練習に参加しています。

ハーフ2時間切りを目指します、フルマラソン完走を目指します、フルで3時間切りを目指します、とかいう、私から見れば超人(キン肉マンか)の集まりなので、ハーフ出場が目標とか言ってる時点で私相当なお荷物なんですけどね。

一人面白い子がいたので紹介します。
「子」と書いたように、まだ20代前半。(年配じゃないじゃん)
練習のときもものすごいスピードで走っているし、やる練習のレベルが違うのでほとんどしゃべったことがなかったけど、話してみるとおとなしいけどとても感じのよい青年。

彼のエピソード
•友人と、合宿と称して2日間で90km走破。(私ひと月で90kmも無理なんですけど…)
•体脂肪率5%
•水に浮かない
だけど、
•趣味…お菓子作り
•練習にエクレアやらカステラやらを作って持って来るらしい。
•初ボーナスで買ったもの…SHARP ヘルシオ(?)というオーブン
•携帯の写真…自分で作ったお菓子の写真ばかり(カタログのよう)。

何でそんなに作ってるのに太らないんだ!と思ったが、作るけど食べないらしい。
女の子にもてそうだが、実際付き合うと、バレンタインのときとか困りそう。

しかも、彼は寮住まい、、、同じ寮に住んでいる他の子が、どこにオーブンなんか置くスペースあるんっすかね、と言っていたが、もしかしたらテレビがないのかもしれん。

カステラは失敗しないので、いざと言うときにはカステラを焼きます、と言っていたが、いざと言うときってどんなときなんだ!!!

km何分くらいで走るのか知りませんけど、まあ去年も地元のハーフの大会で入賞したと言ってましたので、4分/kmくらいなんじゃないでしょうか。
なんと言っても彼のハムストリングは超キレイ…箱根駅伝の選手のよう。

私は月50kmがせいぜいですが、2月からはせめて月60kmにしたいと思います。
さもなくば退部させられそう。

[PR]
by okanatsuworld | 2008-01-21 18:22 | sport

Update as of 1/17


なんつーか、やることが多くてあわただしい日が続いておりますが。
おいらの誕生日に、おめでとうメールを下さった皆さん、ありがとうございました。
おいらはまた一つ無駄に歳を食いましたが、その歳を食った日、私は雪の箱根におりました…

Kennyと強羅で待ち合わせをする、という暴挙に出たわけですが、Kennyたちなんとか自力で来ましたよ、強羅まで。暴挙が快挙に変わりました。(松坂大輔風)

なぜ箱根か、ということも、なぜ強羅か、と言うか、そもそもなぜ東京から一緒に行ってやらないのか、ということも、理由はそれぞれござりますれど、話せば長いので割愛します。
おいらはおいらで箱根のポーラ美術館に行ってモネ展を観る、という目的があったので、まあ強羅で会えなくてもいいやーというノリで、朝8時に新宿を出る小田急バスに乗り込みましたさ。

Kennyは本日帰国の途に着きましたが日本がいたくお気に召したようで、また来るー!!!と言ってました。
Kennyの感動ポイント
•箱根登山鉄道のスイッチバックはハイテクノロジーだ
•自動販売機がいたるところにあり、温かい飲み物も売っている。さらには温かいコーンスープまで出てくる。
•食事はうまい、買い物は安い(奴らはアウトレットに行きまくっていたので)、日本の服の方がファッショナブル、アミューズメントもいっぱいあるし、日本は遊ぶ場所としてサイコーだ。
•電車の中がとても静か。携帯でしゃべる人がいない。
•日本人はとても親切。道を聞くとそこまで連れて行ってくれる(それは英語が出来ないので、説明するより連れて行く方が早いからだよ、と言っておいたが)
•英語が出来ない人が多いので、彼らが話しかけると、からだの前で手でペケを作る(ひょうきん族のざんげ室のように)のが面白い
•スシがうまい
•肉じゃがが食べたい(私が留学中作ったのを食べたときにこれはおいしいと言っていて、日本に来たらまた食べたいと思っていたらしい)が、何という名前の食事かもわからないし、どこで食べられるかが分からない。

確かにこういうおふくろの味的なものって意外と外では食べられないので、昨日はおばんざいのお店に連れて行きました。
あーそう、この味だ、と喜んで食べてました。

作り方を聞かれたので「みりんがあったほうがおいしいよ」というと、それはどこで買えるのか、何で出来ているのか、甘いものか酸っぱいものか辛いものか、とかものすごい食いつきようで、今日忘れてなければどっかのスーパーでみりん買ってるはずです。

Kennyのアテンドもしながら、雨の降る中ゴルフに行きウィッピー4号と7号のお披露目をし、12km走り、Bon Joviのコンサートにも行き、盛りだくさんな連休で、寒いのに老体を酷使してしまいました。

だがしかし、まだまだ飲み会は続く。
幹事もしなければならぬし、アレンジしなければいけないこともあり、その間にマラソン大会にも出なければならぬし(10kmだけど)、老体に鞭打っておいらは頑張りますよ。

そうこうしてる間に、張飛も玄徳までも死んじゃったよ!
私の見ている人形劇は厳密には「三国志」ではなく「三国志演義」がもとになっているらしいのだが、玄徳亡き後、蜀はどうなるのであろうか。(玄徳の息子、劉禅はあまり賢くないらしいので)

そうこうしてる間に、「篤姫」も2回も終わっちゃったよ!
一回目から大人の島津久光(=祐サマ)が出てきて、いろんな意味で目が離せん。
離せんのだが、やっぱりお由羅が涼風さんで久光が祐サマって納得いかないなー、いくら祐サマが若く見えるとは言ってもさー、涼風さんより歳上なんだよ。

そうこうしてる間に、「翔ぶが如く」も始まっちゃったよ!
言葉が分からない…
それにしても、「篤姫」を見ても「翔ぶが如く」を見ても思うのは、久光って思想的な広がりとか視野の広さとかはない人だったけど、人間としてはそれほどやな人ではなかったと思うんですよね、だから憎みきれなくて見ていて難しい。
いっそお由羅くらい分かりやすい悪人だったら憎たらしいなーと思えるのに。

地に足の着かない毎日を戒めるべく、最近夜は読経をしています。
こんな落ち着かない人間でも、至らないところばかりの人間でも、全ては「空」だよ、と言われることに救われる思いです。

色即是空 空即是色

[PR]
by okanatsuworld | 2008-01-17 16:25 | 日常

ベホイミしか使えない


ベホイミくらいしかまだ使えない私は、HPは適当に回復させることが出来るが、MPは減って行くばかり。
でも私には宿屋がないのでつ…

-----------

最近の出来事

●何の因果か3連休に箱根に行くことになってしまった。
実は留学時代の友人Kennyが来日中で、箱根で遊ぶことに。
せっかく行くのだからポーラ美術館に行こうと思ったが、彼らは興味がないようなので、一人で先に観て、その後箱根でKennyたちと待ち合わせることに。
果たして可能なのか?会えるのか?

●三国志が面白すぎる。
今週はなんと関羽の死と、曹操の死という、ニ大超重要登場人物が相次いで亡くなる壮絶な週であった。
もうそろそろ終わりなのかな、とても面白い話だったな。
本屋さんで、龐統(鳳雛)先生を主役にした本が売られていたのを見かけた。
この人形劇ではちょっとだけしか登場しないが、それでも一冊の本になるくらいの人物だったのだろうか。

●ウィッピー4号とウィッピー7号(新しいFW)を使ってみる。
なかなかよい感じ。
特に7番は、こういう距離が打てるのかー、という新鮮な印象。

●浅草寺の凶が悔しかったので、私の御用達神社でもう一度おみくじを引くも末吉。

●今年の運勢を占い師さんに見てもらう。
初めて見てもらいましたが、結構ドキッとすることを言われてびっくり。

[PR]
by okanatsuworld | 2008-01-11 17:22 | 日常

般若心経を読む


以下は、文字化けではありませんよ。

仏説摩訶般若波羅蜜多心経

観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 度一切苦厄
舎利子 色不異空 空不異色 色即是空 空即是色
受想行識亦復如是
舎利子 是諸法空相 不生不滅 不垢不浄 不増不減
是故空中無色 無受想行識 無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法 無眼界乃至無意識界
無無明 亦無無明尽 乃至無老死 亦無老死尽
無苦集滅道 無智亦無得 以無所得故 
菩提薩埵 依般若波羅蜜多故 心無罣礙 無罣礙故 
無有恐怖 遠離一切顛倒夢想、究竟涅槃
三世諸仏 依般若波羅蜜多故 得阿耨多羅三藐三菩提
故知 般若波羅蜜多 是大神呪 是大明呪 是無上呪
是無等等呪 能除一切苦 真実不虚
故説 般若波羅蜜多呪 即説呪曰
羯諦羯諦波羅羯諦 波羅僧羯諦 
菩提薩婆訶
般若心経


このスペースがあるところで意味が切れるのです。
私は今までいかに意味を知らずに読んでいたかが分かりました。

[PR]
by okanatsuworld | 2008-01-08 18:54 | 日常

オヨネの


査定の結果が出ました。

1500円

だって。。。

中古で買った子だし、本当に型落ちのものだから、多くは期待していなかったけど、あんなに忠実に頑張ってくれた子の価値が1500円しかないというのがちょっと寂しい。

車を下取りに出す人の気持ちもこんな感じなのかしら...

--------------------

浅草で新春歌舞伎を観てきました。
話題の亀治郎さんを観たかったのと、白浪五人男を観たかったのと。

知らなかったのですが、新春の浅草は若手でやるんですね。←認識不足もいいところか。
「吃(ども)又」の将監を男女蔵さんがやるっていうんでそれは驚いたさ...

七之助さんの菊之助はよかったです、よかったですが、私はやっぱり菊之助様で見たいな、もう一度。
あんなにキレイで楚々とした娘のときと、男だとばれちゃっちゃあ仕方がねぇや、という開き直ったときのチンピラぶりの落差が、菊之助様のときのほうがよりあったような気がするの。
(もう完全に贔屓の引き倒しでござんす。)

どうでもいいですが、今年のこんぴら、海老様の「暫」なんですってね。観たいなぁ。。。

[PR]
by okanatsuworld | 2008-01-07 20:00 | golf

オヨネが


今日もらわれていった、、、

涙を禁じえない(ウソ)。

でも購入してから1年半あまり(だったかな?)一番忠誠を尽くしてくれた子だった。

新しい子たち(スウィプ子フォーとスウィプ子セブン)はまだ振ってない。
どうしよう、来週ラウンドなのに。

------

どうでもいいですが昨日浅草寺でおみくじ引いたら「凶」が出ました。
チッ、寺でおみくじなんて引くもんじゃないぜ。
神様でもないのに人の運勢占おうたぁ、ふてぇやろうだ。
っていうかこのふてぇやろうは誰なんだ?

[PR]
by okanatsuworld | 2008-01-06 17:34 | golf

Happy late new year


遅ればせながら明けましておめでとうございます。

今年の目標は、

●ハーフマラソンに出る
●体脂肪率をxx%以下に落とす
●体重をxxkg以下に落とす
●ゴルフで120切る
●Low-profile
●その他もろもろ

でございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

[PR]
by okanatsuworld | 2008-01-03 23:17 | 日常

無芸大食晴れ女オカナツが留学時代に記していた「無芸大食留学備忘録」の帰国後バージョンです。
by okanatsuworld
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ようこそ「オカナツワールド」へ

2004.7-2005.9の英国留学時代、「無芸大食留学備忘録」というブログを記しておりました。

ブログという媒体が気に入ってしまったので、帰国後も続けてみることにしました。

メールはこちら
miffy_7947@yahoo.co.jp
@を半角にしてください。

Twitter

最新のトラックバック

メル友 藤山/メル友 藤山
from 北海道で人妻との出会い
マスターズ
from あやの日記
大相撲ってどうよ
from 大相撲
藤山 メル友/藤山 メル友
from 北海道で人妻との出会い
「こんにゃく入りゼリー」..
from やあしゅのブログっす
中垣内さんは、スゴイ・・・
from きょう、ナニあった?
しょこたんニュース
from しょこたんが人気の秘密 | ..
しょこたん批判
from しょこたんが人気の秘密 | ..
驚き!今田竜二の意外な情報
from 今田竜二の秘密知ってます?ゴ..
美童
from オモロにゅーす

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな