オカナツワールド

<   2008年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

野村の


インサイダーのニュースはめちゃくちゃ驚きました。
投資銀行ビジネスに傾注していこうと考えているわりには脇が甘すぎ、としか言いようがありませんが、インサイダーみたいな昔からある違反行為について、あの野村が気づくことができなかった、ということがショックだ。
規模も業務内容も全然違いますが、一応コンプラのはしくれとしては、野村の社内のコンプラ部門が受けたダメージたるや、いかばかりかと想像するにあまりある。

今回の件は、逮捕者まで出してしまい、金融庁やSESCだけでなく検察も動いているようなので、今後の野村のビジネスに与える影響たるや相当なものがあるでしょう。
しばらくは投資銀行業務もできないでしょうな、野村にお願いする会社があると思えないし。
さらには法人からのブローカレッジ収入も減るでしょうから。。。結構厳しいな。

ところで今回の事件については、現代の世相に非常にマッチしてしまったのが、この罪を犯したのが中国人であるということです。
インターネット上では、それ見たことか、とか、中国人の倫理観の低さとか、中国人に大事な仕事を任せる野村も野村だ、みたいな書き方で、概ね中国人に対して批判的です。

インサイダー取引自体は日本人もしています(現につい先だっても元新日本の会計士が課徴金を課せられたばかりですし)から、中国人だから、という書き方はよくないと思いますが、それでなくとも毒入りギョーザや他の諸国でも中国製品に対するバッシングが起き、さらにチベット問題などで聖火リレーすらまともにできない中、このようなことが起きてしまったのは、中国に対しての悪感情は増すばかり。

どれだけ頭脳・知能的に優秀で、その人自身には倫理・道徳面においても問題がなくとも、きっと要職に就くことはしばらくは難しくなるのではないか、少なくとも日本企業においては。
今回のケースは、心ない少数の人間のしたことが、数限りない同胞に迷惑をかけることがあるという、顕著な例になってしまうのではないか。

このことは日本人においても同じ。
このような犯罪行為ではなくとも、ある日本人のした常識のない行為、倫理・道徳にもとる言動などが、日本人って、と一括りにされてしまうことがありえるわけですから、これは肝に銘じておかなければなりません。

------------

もう一つショッキングなニュースはこれ
この人の番組をよく見ていたわけではないけど、とても特徴のあるしゃべり方をする人で、たぶん名物リポーターの一人だったんだと思う。
それにしても、つかまったときの格好が、まあなんともひどく、

a rope around his neck that was tied to his genitals,
a sex toy inside of his boot, and a small bag of methamphetamine in his left jacket pocket.
(Source: NYtimes)

なんだそうですよ。

読んでいくと、彼は昔BBCで働いていたとか、アルジャズィーラからのオファーが来たことがあるけど断った、なぜならユダヤ教徒でありゲイだから、とか、色々なことが出てきます。
それにしても、ミラーマンもそうですけど、インテリゲンチャで確固たるポジションを築いた人が、どうしてこんなくだらない、というかみっともない犯罪に手を染めてしまうのか。
自分が築き上げてきたもの全てがおじゃんになる、とか考えないのかな。

[PR]
by okanatsuworld | 2008-04-24 22:28 | 政治/経済/news

無事帰国


今朝帰国しました。
海外に行くと色々ミスをやらかすんですが(日本にいてもやりますけど)、今回もやるだろうな、というミスをやっぱりやらかして、本当に自分が嫌いになりました。

さて、Guilhemに会ったら、無性に留学時代が懐かしくなって、自分の留学時代のブログを読み返しちゃいました。
Guilhemくんは、もともとは男前くん(という日本人の留学生)のお友達だったので、何をきっかけに仲良くなったか分かりませんが、ブログで読む限りどうも2回ほどさしで飲みに行っているようだ。

留学時代のブログにも「美しい男の子」だの「ひげが生えているのだろうか」だの書いてあって、ひげが生えていることは今回確認できたわけですが、私の思考回路は3年前からちっとも成長しておらんようじゃ。
そう言えばまだGuilhemと仲良くなっていない時期に、男前くんに、どういうお肌の手入れしてるか聞いてみて、と頼んだら、「そんなの聞けませんよ!」って怒られたことを思い出した。

ところでGuilhemくんの写真を見つけたのでアップします。
e0071473_2263296.jpg

隣にいるのが私でほんと申し訳ないって感じですが、この写真で見てもGuilhemくんの顔がいかに小さくてお肌がつるつるかよく分かりますね(私の顔がでかいというのもありますが)。

これは確か、この飲み会のときに撮ってもらったもののような気がする。。。

[PR]
by okanatsuworld | 2008-04-20 02:26 | 日常

感激じゃ


e0071473_12581410.jpg

今出張でパリに来ているわけなんですが、せっかくの機会なので留学時代の友人GuilhemとAudeに会えるかな、と行く前にメールしておいたところ、二人ともavailableだったので久しぶりに会って、オペラ座の近くで楽しく食事いたしました。
さて、その帰り。
Guilhemはなんと私のホテルまで送ってくれたのですよ~!

彼はオペラ座から一本で帰れるところに住んでて、私は乗り換えなくちゃならなかったのですが、彼も私と同じ駅で降りて一緒に乗り換えてくれたのです。
乗り換えた駅から私のホテルまではさらに四駅もあるのに!
つまり彼は八駅分も私のために時間を使ってくれたのですよ!
しかも明日は大事な仕事があるって言ってたのに!
its the tradition as well as my pleasure.とか言ってましたけど、残念ながら私そこまで親切な男性に会ったことないので、現在猛烈に感激しとります。

それと同時に、そこまでしてくれたことへの感謝の気持ちを伝える事が十分にできないこのもどかしさ。

彼が今25だと聞いて気が遠くなりそうでしたが、私がまだ20代だったら頑張るのになあ(何を。)

日本に行くからね、と言ってたので、もし来たら今日以上のお返しをしたいわ。
いえ、必ずするわ。

ちょっとあまりにも嬉しかったので携帯から更新しちゃいました。
余談ですが、Guilhem君は相変わらず真っ白でつるっつるのお肌だったけど、やっぱりヒゲは生えているんだな~とハグしたときに思いました。

[PR]
by okanatsuworld | 2008-04-17 12:58

花の生涯


最近「花の生涯」なるドラマを見ておるが、なんと主人公が井伊大老なのじゃ。(何度かドラマ化されているようなのでご存知の方もおられるでしょうが)
井伊直弼をいわゆる”いいもん”に仕立てたドラマって珍しい。
あの人自身はたぶん実行力もあって、先見の明もあった人なんだろうけど、安政の大獄はいただけなかったと思うわけで(しかも橋本左内やら吉田松陰やら応援したい人こそが殺されている)、どうやったって、シンパシーを感じにくい。

しかしどのようなドラマを見ても、副将軍水戸斉昭をよく描いたものはござらぬなぁ…(苦笑)
(余談ですが、このドラマでは斉昭を佐藤慶さんが演じておられます。
彼は水滸伝でも相当な「ワル」を演じており、嫌な役がよく似合うなぁ~と思いながら見ておりもす)

それにしても、井伊直弼をいいものにしちゃうと、名君と名高い島津斉彬や松平春嶽もこんな風に描かれちゃうのか、となかなかおもしろうござる。
斉昭と斉彬と春嶽で、14代将軍は一橋慶喜で行こう、と密談を交わすシーンがあるが、これは本当にそういうこと(そんな密談)があったのでしょうかね?
『翔ぶが如く』では島津は老中阿部正弘と仲良しで、一橋公を立てるとかそういう画策も阿部さんとしていて、斉昭とはうまく行ってないように描かれていたので。
ただ慶喜は斉昭の実の息子だし、斉彬も一橋派だったので、そういうこともあったといえばあったかもしれん。

それにしても井伊さんはなぜ紀州慶福公を推していたんですかい?
『花の生涯』では、慶喜は将軍の器ではない、ということを理由にしていたけど、でも当時慶福は子どもじゃん。
その理屈だけでは通じないと思うので「水戸派」対「反水戸派」、と考えるのが一番構図として分かりやすいんでしょうか?

まあ長々と書いてまいったが、今はまっている一番の理由は、実は

三浦友和さんが出ているから

だったりします。

三浦友和さんは、今までも色々なドラマで見てきたけど、実はすごくきれいな顔をした、素敵な俳優さんであるということに最近気づきました。
今頃気がつくなんて…わしはまだまだじゃのう。。。殿方を観る目が養われておらぬわ。

今録画中でまだ観ていないけれど、「利家とまつ」にも気の強い女房を持った心優しい利家のお兄さん役で出ているので、今から観るのが楽しみじゃ。

三浦友和さんみたいな人、身の周りにいないかしら。。。

[PR]
by okanatsuworld | 2008-04-10 10:54 | 時代劇

昨日いただいたもの


友人が見つけてくれた小料理屋?割烹料理屋?人形町のお店です。
若い板さんと美人の女将さんが二人で切り盛りなさってる、"しっぽり"という言葉がぴったりのお店。
ちょっと誰にも教えたくない感じ。

安くはないので、しょっちゅうは行けませんが、日本のお料理っておいしいだけではなく、見た目、食材の選び方、量、盛り付け、色合い、器など、すべてが素晴らしいと思わせてくれるお店なので、季節ごとに行こう、と決めてます。

もっと年配の板さんや女将のいるお店だったら、もしかしたらうちらみたいな小娘(と言えるほど若くはないが)、お金持ってなさそうだし相手にしてくれないかも。
そういう意味では、女将が若くてよかったのかもねー、なんて友人と言ってましたが、どうなんでしょ。

下は携帯で撮ったものですが結構よく撮れてますね(自画自賛)。
食べ物をおいしそうにとるのって実はすごく難しい(とプロのカメラマンに聞いたことがあります)らしいのですが、酔っ払いながら撮ったものでも、これだけ写れば上出来よー。

ただ、酔っ払って撮っただけあって、一品+食後のデザートが足りない…(涙)
足りないおかずは、順番は忘れたけど、桜餅風のもの(酔っ払っててよく覚えてないなー。おいしかったことは覚えてるけど)で、デザートはよもぎもち(羊羹みたいな感じ)でした。

夏になったらまた行くぞー。
e0071473_16253465.jpg

e0071473_16253470.jpg

e0071473_16253420.jpg

e0071473_1625348.jpg

e0071473_16253441.jpg

e0071473_16253446.jpg


[PR]
by okanatsuworld | 2008-04-05 16:25 | 日常

今年の團菊祭に


菊之助さまは出ません。
團菊祭はここ最近毎年行っていて(確か)楽しみにしているのですが(顔見世より菊之助さまを堪能できるから)、まさか出ないとは…しくしく。

で、その頃菊之助さまはどうしているかと言うと、シアターコクーンで野村萬斎さんと蜷川さんのお芝居に出てるんでありますな(ということを最近知った)。
ああ、なんて日本語を話すのが上手そうな人たちがお芝居をするんだろう、と興味津々。
実は蜷川さんのお芝居を観たことがないので、行ってみることにしました。

今年はミュージカルだけではなくて、もう少しストレートプレイも観る年にしたいと思います。
(ミュージカルは好きですが、東宝の商業ベースに乗った配役に若干辟易。よい作品には力があり、それだけで人を惹きつけるのだから、もっと吟味して大切に作りこんで欲しい、と偉そうに言ってみる)

そういえば、去年、井上ひさしさんのロマンスという、チェーホフの人生をモチーフにしたお芝居を観ました。
出演する俳優陣はたったの6人。
若干長かったけれど、実力のある俳優陣で飽きることがなかった。

芝居に力があって、出ている人の能力が高いと、このように説得力のあるお芝居になるのか、と感じさせられた作品でした。
今年は私も手当たり次第にチケット取らないで、選んで観に行こう。

とそんなことを言ってその蜷川さんのお芝居があまり面白くなかったら私は泣く…

[PR]
by okanatsuworld | 2008-04-03 09:40 | theatre

いいもん


今田はマスターズ出場ならず=男子ゴルフ世界ランキング

いいもん、どうせその時期日本にいないし。
テレビ観られないし。

それにしてもあのプロアマの失格の日、もし出場できていて、もしよい成績を取れていたら出られたのだとしたら、、、泣くに泣けん、あのジョン・デイリーのメタボヤローめ。
(先日久しぶりに見たらものすごい肥満体になっていてびっくりした。アイアンが耳かきのようだった)

まあいいやマスターズは来年もその次もあるしね、コースはずっとオーガスタだし。

[PR]
by okanatsuworld | 2008-04-01 06:40 | golf

無芸大食晴れ女オカナツが留学時代に記していた「無芸大食留学備忘録」の帰国後バージョンです。
by okanatsuworld
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

ようこそ「オカナツワールド」へ

2004.7-2005.9の英国留学時代、「無芸大食留学備忘録」というブログを記しておりました。

ブログという媒体が気に入ってしまったので、帰国後も続けてみることにしました。

メールはこちら
miffy_7947@yahoo.co.jp
@を半角にしてください。

Twitter

最新のトラックバック

メル友 藤山/メル友 藤山
from 北海道で人妻との出会い
マスターズ
from あやの日記
大相撲ってどうよ
from 大相撲
藤山 メル友/藤山 メル友
from 北海道で人妻との出会い
「こんにゃく入りゼリー」..
from やあしゅのブログっす
中垣内さんは、スゴイ・・・
from きょう、ナニあった?
しょこたんニュース
from しょこたんが人気の秘密 | ..
しょこたん批判
from しょこたんが人気の秘密 | ..
驚き!今田竜二の意外な情報
from 今田竜二の秘密知ってます?ゴ..
美童
from オモロにゅーす

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな