オカナツワールド

<   2008年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ミス・サイゴン 鑑賞(1回・2回)


芝居好きを自認していたが、好きすぎて2005年の後半から2006年にかけてアホほど行ってしまい、好きなことに変わりはないが、一回一回のありがたみが減っていた。
前は一回毎に感想文を書いていたこともあってそれこそのめりこむように観ていたが、今ではそこまで集中して観られなくなってきた。
芝居を観るのはこちらもそれなりに体力が必要で、3時間を超える芝居を見終わった後はものすごく疲れるのである。

そしてミス・サイゴン。
2004年は留学していたので観ることができず、2005年に英国では観たが、日本語で観るのは初めて。

話も知ってたし、結末も知っていたが、日本語で観るとやはり分からなかった細かいところまでが見えてきて、胸がふさがる思いだった。

この芝居には救いがない。

愛する人が迎えに来ることだけを信じていたキムは、結局バンコクでクリスとはほぼ言葉を交わさずに死んで行くのです。
なぜ迎えに来てくれなかったのか、とか、なぜ別の人を選んだのか、とか、色々なことを問いただして喧嘩する時間さえもなかった。
いろんな思いをぶつけたかっただろうが(エレンにはぶつけたけど)、それを潔しとはしなかった。
何年も何年も待っていたのに、エレンに会った後の数時間(数日じゃなくて数時間だと理解しているのですが、実際のところはどうなんでしょう?)で、あのような決着のつけ方を決めたキムの決意がつらすぎる。
もう一度抱いて欲しいと願っていた人の腕に再び抱かれたとき、彼女はもう死の間際でした。

タムに幸せな人生が待っていれば(それが確信できる終わり方であれば)まだその中に一条の光を見出すこともできるが、それも分からない。
ベトナム帰りの海兵隊が米国で裕福で幸福な生活が送れているとも思えず、タムは米国に行ってもそれほど良い暮らしは期待できない気がするし、もしエレンに子どもが産まれたら…

そして、エンジニアも結局米国には行けなかった。
あれほどアメリカアメリカ言って、キャデラックに乗る夢までみてたけど、ビザを得る術が絶たれてしまった。
自分の住むところをあれだけめちゃくちゃにしたアメリカにそんなに行きたいのかね、と思うけれど、それでも自由で、誰にでもチャンスがつかめる国だと信じていたんだろう。

救いがないと一番感じるのは、この話には悪人がいないということだ。
みんなそれぞれの人生を必死で生きているのに、誰もがそれほど幸せにはなっていない。
自分のことだけではなく誰かのことも思いやって折り合いをつけようとしているのに、うまくいかない。
そのやるせなさの持って行き場がない、悪人がいないから誰かのせいにすることができない。

昔の私だったらやれ何とかクリスと何とかクリスはここが違ってどちらがよい、とか、やれ誰々の歌は素晴らしいとか言うんだろうけど、まだそれほど観てないし、この後もそれほど観られない気がする。

お金や時間のこともあるし、昔ほど芝居にだけ興味があるわけではない、ということもあるのだけど、何よりこの芝居は、

重すぎる

のです。

永遠のMy favouriteレ・ミゼも話は重いけど、最後バルジャンは天に召されて、あのバカップルは結婚し、テナルディエ夫妻も懲りずにきっとまた悪さを働くだろうし、なんとなく明るさと救いがあるんですよ。

でもこのサイゴンは、何度も観るには重すぎる。

私は最初に出会ったミュージカルがレ・ミゼラブルという素晴らしい作品で、ミュージカルという世界にもう溺れるようにのめり込んでいって、それは本当に幸せな邂逅だったのだけど、最初がもしミス・サイゴンだったらどうだったんだろうか。(そのほか怪人だったら、とか、エリザだったら、とか、いろんなパターンが考えられますが)

で、ベトナム戦争について全然知らなかったので、ちょっと調べました。

1960年頃~1975年まで、なんと15年近くも続いていたんですよ。
ホー・チ・ミンはベトナム戦争には直接絡んでいなかったようで、彼は1969年に亡くなっていますが、それとは関係なく戦争は続いていたようです。

それにしても米国があのように夜逃げ同然でベトナムを引き上げたのには驚きましたね。
戦争には初めと終わりがある(宣戦布告と降伏)はずだけど、ベトナム戦争にはなかったようで、サイゴンが陥落したことをもって、戦争が終わったとみなすようです。

最後に音楽について。

このお芝居も、音楽が印象的でとても素晴らしいですが、口ずさむには難しすぎます。
一人ミス・サイゴンができるようになるためにはあと何回くらい観なくちゃいけないんだろうか。
今のところあとは藤岡クリスと井上クリスの予定しかないけど、原田くんクリスが超素敵だったので(というか原田くんが素敵だった。去年の原田アンジョを観ていないことが死ぬほど悔やまれる、あれだけアホほどレ・ミゼ観倒したのに)
原田クリスと知念キムの公演のチケット取ろうかなぁ。

(知念キムの予定も今のところないけど、たぶんいいと思う。
ルドルフのステファニーはよかった。
マリーヴェッツェラよりずっと好きだった。
というか私がマリーヴェッツェラという人をもともと好きではないということもあるんだけど)

[PR]
by okanatsuworld | 2008-07-30 17:15 | theatre

No appropriate phrases to reword

Yes, I have a lot of things to mention on the Open, but before it, I'd like to say thank you to Mr. H. Nomo.

It is impressive enough that he is still struggling with being a "Major League Player" as most of other "his collegues" as of Seoul Olympic Games have retired already...

Obviously he is a "pioneer" and contributor for other Japanese professional players and his achievement was superb, needless to say though.

He must experience so many troubles and difficulties both in Japan and US but his style looks really cool and he must be a role model not only for baseball players but for people who challenge to new world.

The most regrettable thing is, I don't find any suitable word to express my feeling "おつかれさま" in English....

I'm looking rforward to his bright future and expect him to continue to conribute to baseball world.

[PR]
by okanatsuworld | 2008-07-18 11:53 | sport

The Open (Preview)


Now I'm really excited about the Open, feeling as if I'm in Royal Birkdale.

e0071473_11501411.jpg

Tee-off time of Prince Imada is 14.31 GMT, (22.31 Japan time) with Sergio GARCIA and Sean O'HAIR.

Hope he plays really well and make the cut!

Actually I cleared the huge storage of My HDD to record TV programmes of the open but still not enough as the programmes will be provded by two channel, that is, TV Asahi and Golf Network.
I don't know how many hours in total...

e0071473_11503389.jpg

I'm looking forward to seeing interview of Prince Imada conducted by Mr. Matsuoka or Mr. Hagawa (I have no idea whether there is, though)

---------

I've read wonderful news...

On Tuesday, the second practice day, he did practice round with Greg Norman since Greg appointed Prince as a practice partner!
The article said Greg was interested in potential young players and wanted to play with one of them at practice round...

e0071473_1646942.jpg

When Prince won AT&T Classic, Greg made congratulation phone call to Imada directly, so, judging from those stories, Greg seems to be interested in Prince.

[PR]
by okanatsuworld | 2008-07-17 11:27 | golf

自習室にて パート2


ここ3日ほど毎日来ていますが、男前さんを毎日お見かけします。
常に私より早く来ているし、早く帰るし、若く見えるので、学生さんかもしれません。

「男前くん」というキャラは前に私のブログに登場していたので、どうしましょうかねぇ、左手で電卓打ってるあたり、会計士か税理士の試験の勉強中の方なんじゃないかと思うので、アカウンタントさんにしておきましょう。

今日は私チラ見できる席に座りました。
いい歳こいて何してるんでしょう。

まあでも明日とあさってはいよいよ全英OPのため来られませんので、よしとしてください(って誰に何を頼んでいるのか?)

[PR]
by okanatsuworld | 2008-07-16 19:53 | 日常

特に意味もないですが


e0071473_648855.jpg

アップしてみました。
ちなみにこのパウンドケーキ(の入れ物なんですけど)とてもおいしゅうございました。

[PR]
by okanatsuworld | 2008-07-16 06:48 | 日常

全英OP


でもう胸がいっぱいなんですけど、空っぽなのはHDDだけという有様なんですけど、どうも今田くんは、全英がはじめて、とか、英国でゴルフするのがはじめて、とかではなく、

英国に行くのがはじめて

らしいです。

ある意味、どんだけドメやねん。

まあ言うても英語ですしね、食事まずいことにも変わりはないし、それほど違和感ないと思いますけど、って知りませんけど。
でもリンクスは違和感だらけですわね、見てるほうも。

さて、そんな我らが今田くんが、日立さんとスポンサー契約を結んだそうです、喜ばしー。
ぱちぱち
世界ふしぎ発見とか見てたら、CMで出たりするんだろうか。
この木何の木とか歌ったりするんだろうか。

「このきなんのきとか」

と打ったら、

「この危難の帰途か」

と出た。危険な帰り道だ、気をつけて帰ろう。

すごい変換と言えば、以前レッズさんにメールしたとき

「シュバインシュタイガー」

と打ったら

「衆馬飲酒タイガー」

と出た。なんとなくあいつああいう性格だしこの字でもいい気はする。

ポルトガル戦の1点目ゴール決めたときあの人見得を切ったんだよね、もうそれ以来中村獅童さんにしか見えません。

萬屋!

って今田くんの話はどこに行ってしまったんだ。

[PR]
by okanatsuworld | 2008-07-15 21:16 | golf

自習室で


向かいに座っている人が男前過ぎるー

目の保養になるが、近すぎてあまりジロジロ見られない。

どうでもいいけどここで先ほど竹中平蔵氏を見ましたよ。

それほど男前ではなかったので(笑)チラ見ではなくガン見しちゃいました。

[PR]
by okanatsuworld | 2008-07-14 21:48 | 試験

○○力


昨日面白いことを言われました。

「オカナツさんは女子力が低いとかじゃなくて男子力が高すぎるんですよ」

男子力って言葉初めて聞いた。
電磁力みたい。(フレミングの法則より)

女子力を上げようと思ったらあれしちゃいけないとかあんなことは言っちゃいけないとかの制約が多すぎて、失う物が多すぎるのであきらめた、という話をしていたらこのように言われたわけなんですが。

男子力と女子力はトレードオフではないらしいが、高すぎる男子力を下げることは難しいらしいですよ。
どっちも高めることができればいいんですけどね。

[PR]
by okanatsuworld | 2008-07-14 16:39 | 日常

ちょうぬいぬい


久し振りに見たぞ

とにかくでかい 選手という印象しかなかったが、可愛い人だったので驚いた。

[PR]
by okanatsuworld | 2008-07-12 21:04 | sport

信じられん



加藤氏「金総書記は陛下みたいな人」


ほんとに言ったんですかね、こんなこと。
不敬罪で逮捕でしょう。

[PR]
by okanatsuworld | 2008-07-09 20:36 | 政治/経済/news

無芸大食晴れ女オカナツが留学時代に記していた「無芸大食留学備忘録」の帰国後バージョンです。
by okanatsuworld
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ようこそ「オカナツワールド」へ

2004.7-2005.9の英国留学時代、「無芸大食留学備忘録」というブログを記しておりました。

ブログという媒体が気に入ってしまったので、帰国後も続けてみることにしました。

メールはこちら
miffy_7947@yahoo.co.jp
@を半角にしてください。

Twitter

最新のトラックバック

メル友 藤山/メル友 藤山
from 北海道で人妻との出会い
マスターズ
from あやの日記
大相撲ってどうよ
from 大相撲
藤山 メル友/藤山 メル友
from 北海道で人妻との出会い
「こんにゃく入りゼリー」..
from やあしゅのブログっす
中垣内さんは、スゴイ・・・
from きょう、ナニあった?
しょこたんニュース
from しょこたんが人気の秘密 | ..
しょこたん批判
from しょこたんが人気の秘密 | ..
驚き!今田竜二の意外な情報
from 今田竜二の秘密知ってます?ゴ..
美童
from オモロにゅーす

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな