オカナツワールド

<   2008年 08月 ( 34 )   > この月の画像一覧

佐藤理恵さんのスレは


なんと6まで伸びています。
私も結構読んでるんですが(汗)、女性ファンはいなくなっちゃったみたい。。。

ブストススレとかもあるみたいです(笑)

馬渕さんも美人だなぁ、と思っていたのですが、馬渕さん、佐藤さんが4番、5番だったあたりかなり美人のクリーンナップだったってことですね。

-----------

PGAプレーオフ第二戦Deutsche Bank Championship、ようやく今田くんManaged to make the cutです。。。
しかも22位タイ、2日目のフロント9で5打伸ばしての予選通過、いかに猛チャージだったかお分かりいただけるでしょう。
頑張らないと振り落とされるーこのプレーオフはきつい。

[PR]
by okanatsuworld | 2008-08-31 08:53 | sport

祭りのあと


私はどうして大きなスポーツイベントがあるとその余韻から抜け出せないんでしょうか。

EUROのときも、しばらく準決勝と決勝の試合を見続けて、総集編も4回くらい観てた。
「イケル・カシージャスの鼻にツンツンされたい」が口癖でした。

あのときはそのあとすぐ全英OP(ゴルフね)があったので、なんとかEUROから抜け出せましたが、今度はどうしよう。
トップリーグがそろそろ始まるからラグビー観なくちゃ、リバプールに移籍したロビキンを観なくちゃ、(レッズさんによると赤いロビキンは見慣れない、とのこと。確かにね…Leedsも白(か黄色)、Spursも白(か紺)、アイルランドでは緑(か白)ですからね、一時期インテルにもいたけどあそこもネロアズーリだしね…、さすがにインテル時代の彼を見たことないですが。とにかく赤のユニフォーム時代を通ってきてないんですね、ちょっと珍しい)PGAもプレーオフに入ったし今田くんを応援しなくちゃとか色々ありますが、まだミスチルの歌が頭から離れないよーーー

で、ソフトボールを観に行ってみようかと思って調べてみたら…
ソフトボールもバレーボールの日本リーグと同じくらいドサ周りなのね。。。
松山やら山梨やら豊田やら毎週毎週あちこちで試合してる。
そして東京での試合がない!(江戸川区での試合は五輪前に終了してしまった)
こんなに毎週毎週あちこちに行ってて、ソフトボールは荷物も多いのに大変だわ。
しかも平日は普通にお仕事してるみたいだし、お休みがないじゃないの。

ことほど左様に、五輪でフェンシングやら体操やらのファンになってしまった方は多いんでしょう。
こういうことも期待できるから五輪はいいね。
ファンが増えればきっと競技人口も増えるよ。
(ちなみに内村くんはmixiでかなり暴言を吐きまくっていたらしく、なかなかの若気の至りぶりを発揮してくれています。もうmixiは退会してしまっているようですが)

---------------

さて野球。
面白いもので、ワタクシ3位決定戦を観ていません。
ゴルフに行ってたって言うのもあるんですが、ニュースすら観てません。
その前日の韓国戦で負けた日、岩瀬で逆転された時点で心が折れました。
面白いと言うのは、この、ニュースすら観る気にならない、というのが、西武(あるいは中日)を応援しているときの自分の心境と同じだからです。
塚田真希選手が敗れても、浜口京子ちゃんが敗れても、ソフトボールで米国に負けても、ニュースも観たし新聞も読んだ。
でも野球はそれができなかった。
スポーツニュースで「さて次は野球です」となった途端にチャンネルを替えていた。

白状します。
GG佐藤選手のエラー、一つも映像で観てません!
岩瀬投手が打たれたのも、観てません!(あたかも観たように書いてましたけど)
これ何で?野球に対する思い入れが違うから?
他の種目は普段観てないけど野球はそれに比べて普段から観てるから?

NHKのミスターオリンピックも言ってました。
野球は、メダル獲って欲しい、とか、優勝して欲しい、とかじゃなくて、「負けて欲しくない」というのがありますよね、って。それ分かるわぁ。

五輪が終わった翌日に足を運んだビートルズのライブハウスでも、バンドの人がしきりに星野JAPANは、星野JAPANは、言うてました。
ポールの人(MC担当らしい)が「この先10年くらいは日本には勝てないな、と思わせたい」、というイチローの発言を持ち出してましたが、ああ、そんなこともあったっけな、と遠い昔のことのよう。
ことほど左様に、野球の4位、しかも上位3チームすべてに1勝もできなかった、ということが日本人にもたらした傷跡はとても深いように思えました。

半年後にはWBCがあります。
星野さんが監督になること自体には特に反対ではない(賛成でもないが)が、今のまま、何の敗因分析もしないまま、引き続きスライド登板みたいなのは反対です。
審判のレベルが低いとか(それは私も思ったけど)、ボールが違うとか言ってますが、それは国際大会なので仕方がないことです。
フィジカルが云々、みたいなことも読みましたが、WBCで一度優勝をしてしまっている以上、その言い訳は通用しない。
フィジカル的に米国やキューバより劣っているのは認めるとしても、それを補って戦えるだけの何かがあったはずだ。(ちなみに、同じアジア人である韓国人に比べても、日本人のほうがフィジカル的には劣っていると思います。これはサッカーを観てて思います。体の大きさはそれほど違わないかもしれませんが、体力が違います。)

そういう、自分たちでは如何ともしがたいこと(外的な要因)のせいにして勝てない理由付けをするのではなくて、自分たちに何が足りなかったか、を徹底的に洗い出して欲しい。
そして、そこまでできない、したくない、というなら、五輪はプロ野球の選手にとっては、それまでの大会でしかない、ということです。

私は、今回の一番の敗因は、やはりモチベーションにあったと思っています。
勝ちたい気持ちが他の国より強くなかった、ということではなくて、五輪に出ることの位置づけがみんなの中でばらばらだったように思うのです。
五輪期間中もペナントレースは普通に行われていたことも、そう思った理由のひとつです。
五輪に出場した選手にとっては、自分がいない間にも試合が進んで行くと言うのは面白くないことでしょうし、心配でもあったでしょう。
でも日本の野球界にとっては、五輪の野球がその程度の位置づけだったってことなんだな、と思うのです。

なでしこやソフトボールは、おそらくオリンピックが一番大きな大会(なでしこはW杯もありますが)で、みんなのベクトルをそこに合わせることはたやすい。
ふだんは企業人として仕事をしながら、一時期そういう大会に没頭する時間や経費を与えてもらっているということで、会社に対して負い目のようなものを感じてさえいるかもしれない(感じろ、と言っているわけではないです。感じる必要もないと思います。)、だから頑張らなきゃ、という思いもあるでしょう。

でも野球の場合は、
-ペナントレースがある。
-WBCもある。
-プロとして野球だけやってりゃいい環境にいて、そこで多額の報酬も受け取っている
-五輪に出ることで報酬が増えるわけでもないし、サッカー選手のように海外移籍の道が開ける、ということもない(アメリカのスカウトとかが観に来ていれば別ですが)
つまり、何が何でも勝たなきゃいけない理由がない。

日の丸を背負って戦うということの意味、第一回WBCチャンピオンとして行く意味、日本のプロ野球をなめるな、と思って乗り込む覚悟、日本の代表に選ばれた矜持、理由は色々あるんだと思いますが、そういう個人個人の意識が結局最後までばらばらではなかったのか、という気がするんです。

米国が、大リーガーを出さない、という決断に至ったその経緯を知りませんが、その割り切った判断、それはそれで一つの選択肢だと思います。
米国の野球界にとっての五輪の位置づけはそういうことなんでしょう。(バスケットボールと対照的ですよね)

名前を出して恐縮ですが、例えば宮本キャプテンや川崎宗リンとダルビッシュとでは、今回の五輪への位置づけがおそらく違うんだと思います。
違って当然だし、別にそれでいいと思いますが、その温度差をそのままにしておいてはやはり今の状態が続くと思います。

WBCのときのイチローはサプライズでした。イチローがいなかったから勝てなかった、というつもりはありませんが、野球選手としては大成功を収めているように見えるイチローでも、WBCというタイトルを獲りたかった、そのためにあれだけのことを言い、ほかの選手を叱咤し、引っ張った。
あのイチローの言動は日本から行ったほかの選手にとってはある意味衝撃だったんじゃないかと思うし、あのイチローの様子もみんなの気持ちを一つにすることに一役買っていたと思う。

今回の星野JAPANは個々の能力が高くても、それを集めただけではダメなんだな、というよい例ではないかしら?
星野さんが失敗したのは、みんなの中で五輪という大会の位置づけを同じにすることができなかったからではないか?
勝ちたい、勝たなきゃならない、金メダルを獲る、ということは言えても、そこに、勝たなきゃいけない理由がなかった。(個々人それぞれは持っていたかもしれないが、みんながこれだ、と思える理由を提示していなかった)
そういう意味では、ミスターアマ野球と言われた杉浦投手のほうが、よっぽど勝ちたい理由を持っていたのではないか。

2012年の五輪では、幸か不幸かは野球が行われませんが、WBCもできたことだし、もう五輪に復帰しなくてもよい、よしんば五輪に復帰してきたとしても、プロの選抜を出す必要はない、というのも選択肢の一つだと思います。
帰ってきた選手が、まるでベトナム戦争の帰還兵のように、ボロボロになって傷ついて、戦犯のように扱われて、ペナントでまた投げられるか、とか落球しないか、とか言われるのはあまりにも気の毒。
いずれにしても、野球界でのプライオリティとかを考えたほうがいいと思います、片手間で出て勝てるほど五輪は甘くないし、それじゃ五輪と五輪に出てるほかの種目の選手に失礼だ。

ナベツネがなんで星野さんを強烈にバックアップしてるのかよく分かりませんが(星野さんだと巨人の選手をあんまり連れて行かないと考えているから、という理由かもしれないよ。穿った見方ですか?)、野球が負けることから我々が受けた衝撃は思った以上にでかい、ということが今回分かりました(自分への衝撃も)。
メダルが獲れなかった、とかよりも、上位3チームにすべて負けた、完全に力負けした、ということのショックは、相当な物がありました。
メダル確実とか、星野JAPAN最強、みたいなことをマスコミが安易にあおっていたことに自分がまんまと乗せられたことに憤りも覚えますが、それよりもそれほど五輪に対する思い入れが強いとも思えないチームを、ほかの競技の選手(五輪こそが最高の舞台だと位置付けて臨んでいる選手)と同列に応援をしていたことが少しアホらしくもなった、五輪の野球でした。

--------------

ずっと書きたいと思っていたことを書いてすっきりした。
さあ私も自分がやるべきことをやらなくちゃ。やるべきことをやらない自分の弱さに負けてはいけない。

[PR]
by okanatsuworld | 2008-08-29 22:47 | sport

え?農相って


家賃ごまかしてないとなれないの?

ハードル高いな。。。

あの人も政治家としてのセンスないよね。

配慮がないって言うか、言葉の選び方が下品って言うか。

-------

ペシャワールの事件は非常に残念でしたし許せないことですが、外務副大臣が

小泉さん(もしくは山口のボンボン)の腰ぎんちゃく

なことにも驚愕。

小泉さんも山口出身のボンももういないが、この人ってばこんなところにいたのね。

なんかこんな近視眼的で単純で短絡的な感じの人が、外務省みたいな複眼的視野が要求されるような仕事にアサインされるなんてね、どうなんでしょ。

[PR]
by okanatsuworld | 2008-08-27 20:17 | 政治/経済/news

ソフトボール 佐藤理恵選手


ちょっとくだらない話です。

決勝戦の最後のアウト、3塁からのショートバウンドになった難しい送球を上手に捕った佐藤選手(要するに一塁手)、ものすごい美人だなぁ、と思って調べてみたら、、、

2chが大変なことになってました。

みんな目ざとい…

理恵さんは背も高くて、顔が塚本高史さんか細川茂樹さん系のしゅっとした感じなので女性にも人気あるようで、2chは女性のファンも男性のファンも書き込んでおり魑魅魍魎の世界と化しております(大げさ)。

私の母校もソフトボールが強く(女子高)、こんな感じでほかの生徒から慕われていた選手がいたことを思い出しました。
ちなみに今回の代表選手の中にも私の母校出身の選手もいました。

まあでもさ、芸能人とかプロの選手とかだったらまだしも、その種目を好きでずっと続けてきた一アマチュアの選手が、こうやっていきなり露出度が上がって、自分は相手のことを知らないのに、自分のことを知ってる人がたくさんいて、いろんな掲示板にあれこれ書き込みされたり、画像や動画をどんどんアップされたりするのってどんな気分なんだろう。
有名になるって、大変なことだね。

内村くんとか太田くんとかも同じような気分を味わっているのかも。
内村くんはそろそろインカレが始まるようで、インカレの会場はさぞかし大変なことになるんではないかと想像します。

[PR]
by okanatsuworld | 2008-08-26 22:10 | sport

オリンピック総括(をあと3回くらいはするかもしれない)


フェンシングの太田選手

銀を獲ったときのインタビューで、この人は自分の言葉で話せる、しかも伝えるための言葉をたくさん持っている、ものすごく頭のいい選手だと思ったけど、今朝、、、

報道2001にでてました。

「メダルを獲ったときはどうでした?」「皆さんの支援に感謝してます」的な番組に辟易していた私にとっては衝撃、だったし、スポーツに対する支援の少なさを、数字を提示してまで訴えていた太田選手に感心。

メダル獲ること=国威発揚=悪みたいな論調の同志社大学のおばさんはどうかと思ったけど。
(太田選手も同志社卒なのにどういうわけだ)

-------

これは書こう書こうと思ってたんですけど、どの局も力入れてオリンピック放送してますけど選手へのインタビューや報道がひどすぎる。
時間をとって、スタジオの設備とかお金かけて、タレントとかも起用してますけど、もっと競技の勉強もしたほうがいいんじゃないのか。

「メダル獲った今の気持ちはどうですか」
「改めて今の心境はいかがですか」

ってそんなもの嬉しいに決まってるじゃねぇか!!それくらいは私にだって想像できる。

「何に気をつけて決勝に臨んだか」とか「一番の勝因はなにか」とか、一流アスリートが何を考えて極限の状態で戦っているかを引き出すようなインタビューをしてほしい。
彼らにしか言えないことがある。

今日江川さんが上野さんと峰さんのバッテリーに、

「決勝戦の6回一死満塁のときインハイに投げたのはあれはなんでですか?」

と聞いていたけど、そういうこと聞いてほしい。

とにかく、
「嬉しいです」
「周りの人に感謝したいです」
以外の答えを引き出せる質問をしてほしい。

NHKも含め、せっかく普段はなかなか話を聞くこともできないような、最高の場で戦ってきた選手の生の声を聞くチャンスがあるのに、質問がすげーくだらなくてがっかりした。
私に代わってくれ、と思いながら観てました。

ミスター・オリンピック刈屋アナがどれくらい勉強してその競技に臨んでいるかご存知ですか?
今回は北京班にアサインされていなくて残念でしたけど、4年前伸身の新月面の描く放物線が栄光の架け橋になるシーンを実況したとき、彼は冨田くんがコバチだかコールマンだかの離れ技をつかんだ時点で、もう栄光の架け橋になることは知ってたんですよ、点数の計算上、その離れ技をつかめたことで、よしんば着地で失敗があったとしても他の国に抜かれるほどの減点はないことを知っていた。

だからあのコメントができたし、私はその実況を観ていないから知らないけど、離れ技を無事つかんだときには叫んだかもしれないけど、着地が決まったときには叫んでいないはず、と刈屋さんが言っていたのを読んで、なるほどなぁ、と思った。

自分で取材して、冨田くんの新月面の着地が何秒くらいかかるかまで分かるくらい何度も観ていたので、考えていたコメント「伸身の新月面は栄光の架け橋」では短いと分かってとっさに「が描く放物線は」と言う言葉を付け加えた刈屋さん、そういう人にインタビューをやってほしい。

(この刈屋さんの話はほぼ日?イトイ新聞かなんかのWebで読みました。)

はなしがそれましたが、そういう意味で、この人のインタビューはいいな、と思ったのはTBSの高畑アナと、やっぱりとくダネの小倉さんです。
高畑さんはいわゆる女子アナだけど、ほかの局の人とは比べ物にならないほどインタビューが上手だったし仕切りもうまかった。

小倉さんは仕事ではなくどちらかというとファン、という立場で行っていた(ように見える)ので、選手に対するリスペクトの気持ちがすごくあったし、各種目についてよく勉強しているし、知らないことは知らないとちゃんと言うし(知ったかぶりをしない)、選手の気持ちやお客さんの気持ちも代弁してくれていて、さらに小倉さんしか持っていないような情報もあって、聞いていておもしろかった。

北島康介選手が出ていたので普段は見ない、ひらがなの名前のおっさんが司会してる番組まで見ちゃいましたけど、

あの人は発言がくだらない上に品がない

あんな下品な人を朝っぱらから起用しているTBSの神経を疑うし、北島くんもアスリート・メダリストの使命かもしれないけど、もう少し番組を選んでもいいんじゃないの?と思いました。

--------

それにしても上野さんの投球数(2日で3試合・413球)について、確かに野球の感覚で考えるとありえない数字だし、本当に大車輪の活躍だとは思うけど、

3日で5試合

ということもあったようなので、決して無茶させているわけではないということは私たちも知っておかないといけないと思う。
斉藤監督の起用法が無茶だ、とか文句を言っている人もいたので。

さらに、疲労のためか110kmを超える球は出なかった、みたいな記事も読んだけど、宇津木麗華さんによると、

「連投になるので110kmは出さないように」

と言われていたらしく、疲れて出なかっただけでもないらしい。

----------

上野さんの座右の銘

「人に負けてもいい  しかし

やるべきことをやらない自分の心の弱さには

絶対負けたくない」


今日13位だった尾方選手の言葉

「走ってる時のつらさは走れないつらさに比べたらたいした事はない。」

[PR]
by okanatsuworld | 2008-08-24 08:21 | sport

咲きました!


e0071473_7484099.jpg

やったー!

まだまだいくつかつぼみがあります

楽しみです

[PR]
by okanatsuworld | 2008-08-24 07:48 | 日常

今日は岩瀬を出すべきでなかった


岩瀬が信用できないとか、並みのピッチャーだとか言いたいわけじゃない。
今でも中日の押しも押されもせぬ名クローザーだと思う。

だけど、この短期決戦で、もう絶対に負けられない試合で、岩瀬を使うという選択肢はないはずだ。
それはこの五輪で既に2回失敗しているから。

ここで岩瀬を使ってもし失敗したら、監督が批判されることは目に見えている。
やはり直接指導したことのある選手だから可愛かったんだろうと言われる。
ここまで救援に失敗しては、岩瀬だって立ち直れない。
日本に帰ってきても針のむしろだ。
おそらくシーズンに戻ってもいい仕事はできないだろう。
それでは日の丸を背負わされた一員としてあまりに気の毒だ。

監督が、そうなることの責任を取れないのであれば、やはり今日は使ってはダメだ。
(シーズン中であれば立ち直らせるために投げさせることもあるだろう、でもそんな捨てゲームはこの短期決戦では一試合もないのだ。)

村田を使わないという決断ができたのにどうして岩瀬を投げさせるという行動に出たのか分からない。

確かに球児が7回に同点に追いつかれたのは誤算だったかもしれない。
なぜ7回にもう球児を出したのか、という疑問はあったが、7回,8回と球児に託すつもりだったのかもしれない。
けれどもし球児が打たれた場合に岩瀬というカードしかない状態が生まれたのであれば、それは球児を使うという選択肢自体が間違っていたとしか私には思えない。
(もし球児が打たれたのが8回だったら、そのまま浩治にいくつもりだったのかもしれないが、7回では確かに浩治を出すには早すぎる。)

こんなことを言うのは本当に後の祭りですが、やはり成瀬か憲伸をもう1イニング引っ張って8回を球児、9回を浩治で行くべきではなかったか。
それならば負けなかった、と言うつもりはない。
でもそれならばもし球児や浩治が打たれて負けても、今日岩瀬が打たれて負けた程は批判を受けないと思うのです。

勝つのが監督の仕事であって、批判を受けないように考えるのが仕事ではないのでこの意見はおかしいか。
岩瀬をかばいすぎか。

でも今回のオリンピックは、女子が頑張ってて男子は情けないといわれる中、特にソフトボールやなでしこが健闘した翌日だけに
どうしても勝ってもらいたかったし、とにかくまずい試合だけはして欲しくなかった。
これだから星野は、とか、日本のプロ野球は、とか言われるのが癪だった。
勝ってほしいとか金メダルとってほしいとかより、まずい采配をもうしてほしくなかった。

でもなぁ。
私星野さんはやっぱり情に厚すぎると思う。
今回は和田の替え時を失敗したときと同じ轍を踏まないように細かくつないで行く方程式を立てていたみたいだけど、球児が打たれて少し計算が狂ったときに、彼の情の厚さがまた出てしまったように思う。
星野さんは名監督だとは思うけど、短期決戦には向かないんじゃないか。
中日が星野さんの下では日本一になれなかった理由が今日分かった気がする。

(おそらく星野さんだったら去年の日本シリーズの第5戦、山井を岩瀬に替えなかった(替えられない)気がする。)


うーん負けのショックが大きすぎて色々ひどいこと書きすぎですかね。

[PR]
by okanatsuworld | 2008-08-22 18:44 | sport

号泣


アメリカに勝った

やっと勝てた

長かった

辛かった


ばんざ~~い!!

--------------

どこかで

「ブストスと村田を交代させろ」

というのを読んだ。

申し訳ないけど爆笑、したし、そのとおりだ、とも思った

[PR]
by okanatsuworld | 2008-08-22 07:11 | sport

今日のつぼみちゃん


e0071473_6435616.jpg

開花までカウントダウンです

[PR]
by okanatsuworld | 2008-08-22 06:43 | 日常

なでしこジャパンの


銅メダルの夢を打ち砕いた、2得点を決めたドイツの選手の名前が

胚芽米

にしか聞こえないのだが、本当はなんと言う名前?

[PR]
by okanatsuworld | 2008-08-21 23:42 | sport

無芸大食晴れ女オカナツが留学時代に記していた「無芸大食留学備忘録」の帰国後バージョンです。
by okanatsuworld
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ようこそ「オカナツワールド」へ

2004.7-2005.9の英国留学時代、「無芸大食留学備忘録」というブログを記しておりました。

ブログという媒体が気に入ってしまったので、帰国後も続けてみることにしました。

メールはこちら
miffy_7947@yahoo.co.jp
@を半角にしてください。

Twitter

最新のトラックバック

メル友 藤山/メル友 藤山
from 北海道で人妻との出会い
マスターズ
from あやの日記
大相撲ってどうよ
from 大相撲
藤山 メル友/藤山 メル友
from 北海道で人妻との出会い
「こんにゃく入りゼリー」..
from やあしゅのブログっす
中垣内さんは、スゴイ・・・
from きょう、ナニあった?
しょこたんニュース
from しょこたんが人気の秘密 | ..
しょこたん批判
from しょこたんが人気の秘密 | ..
驚き!今田竜二の意外な情報
from 今田竜二の秘密知ってます?ゴ..
美童
from オモロにゅーす

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな