オカナツワールド

<   2009年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

今年初めての

e0071473_18192022.jpg

西武ドーム

クルーンを打ち崩してサヨナラ勝ちでした~

オヅラさんが来てました
[PR]
by okanatsuworld | 2009-05-31 18:19

今日の松坂健太が


三本間に挟まれたのは、あれは健太じゃなくてサードコーチが悪いよ!

ツーアウトサヨナラのチャンスでセカンドにいて(しかも代走で出てて)、ライト前に転がった打球を見ながら走ってるか、っつーの

サードコーチがちゃんと反応してあげなきゃだめでしょ、決断が決定的に遅すぎた

サードコーチ誰やろ?高代さんだったらあんな馬鹿なことはしない

WBCで高代さんの大ファンになったオカナツです。

この場面、今日(と言うかずっと)あんまり当たりの出ていないヤスが、前(球界の諸葛孔明・佐藤友亮選手)に敬遠を出されて片岡勝負とされたところでは(塁を埋めるための敬遠だったみたいですが)ちゃんと結果を出したところはえらかったです、ヤスらしい、叩きつけるような右へのバッティング。

追記:
アップしてすぐにレッズさんがタカシロさんのシロの字が違うよ、と指摘してくださいました。
名前の字を間違えているようじゃファンとは言えないわ、恥。。。
レッズさん、感謝です!

[PR]
by okanatsuworld | 2009-05-31 00:34 | sport

今試合終わったけど


ユナイテッドの選手も悔しそうじゃないもんね、なんか呆然としてるっていうか

惜しくもなんともないもん

何だこれ、楽しみにしてたけど、ちょっと意外な結果

スペインのサッカーには学ぶところがあるよね、日本代表は細かいパスをつないで相手のDFを崩していくスタイルを目指しているんだと思うんだけど、それなら今日のバルサがやってたサッカーはその洗練されたバージョンだと思う
日本にはシャビやメッシやイニエスタはいないから同じことするのは無理だけど、イニエスタのボールを受ける位置とか、ちょっと日本の代表戦では考えられないところで待ってたもんね、よっぽどとられない自信があるんだな、みたいな。
でもあの勇敢さも見習いたい

さらに、後半30分過ぎた後も崩れないDFライン
そしてそれを可能にする体力ね、さらには果敢に攻めあがるプジョルの体力

まあサッカーたまにしか見ないくせに偉そうに書いてすみません、とにかくイニエスタのドリブル、これが見られただけでもよかった、嬉しかった。

ああ、ねみー。

[PR]
by okanatsuworld | 2009-05-28 05:47 | sport

正直に言って


それほど面白くない気がしたんですがどうですか?

もし何言ってんだよ、めっちゃいい試合だったじゃん、ってことだったら私がまだまだフトボールのことわかってないってことですが

なんかやってるサッカーのレベル違いすぎ

ここまでユナイテッドが押されるとは予想だにしていなかった

確かにこういうバルサみたいなサッカー、イングランドではしないけど(そのポテンシャルあるいはケイパビリティがあるとしたらリバプールか)、そこは百戦錬磨のはずのユナイテッド、対応する術はあるはずなんだが

ユナイテッドの時間が全然なかったし、かろうじて押してた時間は、その後にか必ず得点されてた

この前ユナイテッドがプレミアの優勝を決めたアーセナル戦を観たときは、磐石の試合をしてたんだけどとても同じチームとは思えん

ああもうロスタイム、ニハトカフベチのようなストライカーがいないと展開を変えられないぞ

それに引き換えプジョルが効いてますねー代表とはポジションが違うんでしょうか、結構上がって前のほうで仕事してました。

[PR]
by okanatsuworld | 2009-05-28 05:36 | sport

イニエスタが


きいてるぅぅ~~

それにひきかえルーニーとアンリ

いきてねぇ

[PR]
by okanatsuworld | 2009-05-28 04:41 | sport

パ、パ、パパクチーが


CLの決勝戦のピッチ上におる。。。

去年はベンチにも入っていなかったはず
(ロシアのビザが取れなかったのか?とか言ってたことを思い出します)

アジア人が欧州の頂上決戦のスタメンとしてピッチ上におる

これは初めてのことではないのか?

これは本当にすごいことです。パクチーに注目して見ます。

テベスがおらんが。。。

------------

実況青嶋さんじゃあないんですな。

去年のEURO以来イニエスタが好きなのでイニエスタにも注目

[PR]
by okanatsuworld | 2009-05-28 03:47 | sport

恋のたわむれ


というお芝居を観に行きました

ハプスブルグ王朝末期(エゴン・シーレとかクリムトとかの画がかかっていたのでおそらく19世紀末から20世紀初頭?)の退廃的なウィーンを舞台にした、貴族の恋のお話

このお芝居自体は、まぁ、どっちでもいいんですが、寿ひずるさんが岡幸二郎さん演じる貴族の男の火遊びのお相手の一人として出演されていた

巳之助くんのお母さん。。。

としか今は思えん!

実はこれまでも寿さんのことは何回か舞台でお見かけしたことがあった

「エリザベート」でそれこそハプスブルグ家の皇太后ゾフィーを演じていらしてた

でも皇太后でおばあちゃんの役だし、相当強烈な役でもあったので、最近になって三津五郎さんの元奥様が寿ひずるさんだったということを聞いても、ゾフィーがその人だとつながらなかった

巳之助くんを初めて見たのは去年の浅草の新春歌舞伎

声が全然出ない子だな、と思っていたが、この5月の歌舞伎座で観てもあまり変わっていなかった

昨日寿さんを観てますます残念になった、お母さんはこんなに伸びのある声なのにどうして。。。

歌舞伎は声と言う要素も大事だなぁ、とすごく思う、謡うように台詞を読むので、声に伸びがあるほうが絶対いい

と、成田屋の十八番「暫」を観て確信しました

歌舞伎役者がどれだけ美しい人を娶って、美しい子が産まれて来ることに期待が持てたとしても、声まではどうしようもない(よく分からない)

その点当代海老蔵はどうだい

見目も麗しければ声も美しい

團十郎さんの奥様をまったく存じ上げないが、すばらしい役者を産んでくれたもんじゃないか

舞台上で寿さんは岡さんの裏切りを知り嫉妬に狂い復讐の鬼と化すのですが、三津五郎さんのWikiを読んでいた私としては「わ、笑えん。。。」と思っちゃいました。

その他:

1.このお芝居はお稽古の期間がすごく短かったそうで、でもそこはそれ、アンサンブルも少なく実力者ばかりが出ている舞台、ちゃんと完成されていたと思いますが、岡さんはかんでました。。。しかも2回も。
その夜私は、自分がアンサンブルとしてミュージカルに出て、頭が真っ白になって歌も台詞も踊りも忘れてしまうという夢を見てしまった。

2.昔はミュージカルを観て遠きヨーロッパに思いをはせることが多かったが(何年か前に「グランドホテル」というミュージカルを観たときもそう思った、話自体はよく覚えてないが、ベルリンの由緒あるホテル、という設定に、無性に欧州が恋しくなった)、最近急激に逆回転が起きて一人ジャポネスクな私は、昨日は特になんとも思わなかった。
歳をとるってこういうことかな、と思った。

3.私が知ってる中でナンバー1コゼットの菊地美香嬢、昨日の舞台では出番は少なかったが(しかもかなり不思議ちゃんな役だった。。。小悪魔っていうか、ララァ・スンみたいだった)相変わらず本当にかわいらしくて、そして声もきれいでよく通っていた。
「レベッカ」熱烈再演希望なんですが、もしやることがあれば、「わたし」を菊地美香ちゃんでやっていただきたい、ええ、ぜひそうしていただきたいわ。

[PR]
by okanatsuworld | 2009-05-24 09:09 | theatre

ダメ人間

仕事とか会社とか人間関係とかフランスとか頑張れない自分とかいろーんな物に嫌気がさしておりましたところに、ちょうどいい塩梅に母上が来てくれまして、いい歳して親離れできぬ私は母上に遊んでもらっておりました。

歌舞伎観に行ったり、画を観に行ったり、野球見に行ったり、好きなものに触れる時間というのは大変楽しいものでござるなぁ。

特に動く菊之助丈を観るというのは今の私にとっては何よりのコラーゲンもしくはコQ10のようです。
もうほんっとに美しすぎて泣きそう。

遊んだからと言って色んなものが嫌だなぁという状況に変わりはないんだが、あなたがそういう色んなことを楽しむためには先立つものが必要なのよ、という、世知辛い現実を噛み締めながら、もう少し頑張って仕事を続けたと思います。
[PR]
by okanatsuworld | 2009-05-18 18:59 | 日常

猛反省


ブログに色々偉そうなことを書いていた自分に猛反省

いろんな人に暴言を吐きまくってた自分に猛反省

権利ばっかり主張して義務(自分がなすべきこと)を全然まっとうできていなかったことに大反省

遊ぶことばっかり一生懸命、楽なほうに楽なほうに流されている自分に大反省

これからは謙虚に生きます、とりあえず来年2月まで(何故期間限定。。。?)

--------

さて小室さんに執行猶予がついたそうで、よかったーと思ってる一人です、私。
特別ファンだと言うわけでもなかったけど、小室サウンドが青春ど真ん中(青春だって、プッ)だった私としては、やはりあの薄利多売方式の中にも駄作もあったけど、キラリと光る曲もあったと思っているし、彼に才能があったかなかったかと言えば、少なくとも音楽家としての才能はあったんだと思うので(あれ、この表現もう謙虚じゃないね。。。)、これで実刑をくらってしまうと、彼が音楽家として再出発できる可能性が断ち切られてしまうのではないかと危惧していたので。

才能の有無、とか、嘆願書の多寡とかで実刑か執行猶予かが決まるんだとすると著名人が圧倒的に有利になってしまいますが、このあたりは裁判員制度が導入されるに当たりどうなるんでしょう。
裁判員制度についてまったく知らないのですが、このような事件でもやはり裁判員が「出動」することになるのか?

話がそれました。

小室さんには、ミュージカルを作ってほしいと個人的には思ってるんだ~
日本製のミュージカルってあんまりないと思うのですが、確かマドモアゼル・モーツァルトは小室さんが手がけたはず。(残念ながら未見)
題材は日本のものでも日本のもじゃなくてもいいので、RENTとか、The Last 5 yearsとか、Brooklynみたいな、音楽も素敵な、現代劇のミュージカルをぜひ手がけてほしいな、と個人的には思ってます。

とにかく実刑判決が出なくてよかったです。
ミュージカルでも何でも、また私たちの心に響く音楽を期待しています。
やはり才能のある人は、その能力を世の中のために使うことが期待されていると思うので。

[PR]
by okanatsuworld | 2009-05-11 16:43 | 政治/経済/news

もう一つゆわしていただくと


ワシは完全なアンチ巨人やけどな

それは遺伝子に組み込まれてるけどやな

監督が一ヶ月もおらなんだ巨人が強いうということは、

もうWBCを言い訳にはできへん、ゆうことやと思う

それは選手の体力の消耗とか、1ヶ月早く仕上げることへの負担とかそういうことやのうて

スポーツマンシップとして言い訳したらあかんと思う

あないもめにもめた人選

誰もやりたないと思うわ

何でかしらん、中継さえしよらん日テレの親会社の読売のボスが口出してくるまったくもって不可解な監督選び

火中の栗をさわやかに拾ってくれたのはその読売巨人軍の原さんやった

自分の名前を冠したXXJAPANを商標登録までしたあざいといおっさんとは違い

自分の名前を冠するなんておこがましい、と言って愛称を募集した

原さんはどこまでもさわやかやった(そういえばあのあざといおっさんはマスターズ中継にも呼ばれてへんかったわなぁ、人気ガタ落ちや)

優勝して帰国して成田での記者会見で、「この会見をもって侍は終わり」と言った原さんは侍らしく引き際も鮮やかやった

あれを狙ってやってるのか原さんがもともとそういう人なんか知らんが、日本人が好きになる行動をしよる

それで帰国して一ヶ月してみればもうこの成績

原さんカッコええわ

アンチ巨人でも、今年は頑張ってもらいたなるよ

もう一個巨人の話をするとね

plantさんは「今の巨人には花がない」と言うとったけど

花はこうて来るもんちゃうねん、育てるもんやねん

坂本とか若くてかっこいいのもおるけど確かにそれ以外は最近は地味やわなぁ

加治前?え?とかなるわなぁ。(加治前選手ファンの方すみません)

でもきっと育っていくねん

西武かてそうやねん

なかじかてきっと入団したころはそない騒がれてへんかったと思うで、名門高校出身でもないし、ドラフトの順位も低いし

でも今花のある選手ばっかりやん、男前ってこともあるけど、実力もともなっとるやん

出来合いのおかずばっかり食べてた人は家でおかずこさえるのが辛抱できへんのかも知れんけど、
たいていのチームは自分ちでご飯つくっとる
外から高いお金出して買ってきたりせぇへん
おいしいおかずができたときの喜びは格別よ

そういう意味で言うとな、今日の西武の先発2年目にして初先発の平野投手には期待や

めっさ男前

彼がローテーションの一角を任されるようになって、2桁勝ってくれるようになったりしたら

花のある選手になってくるねんで

そういうもんやと思うわ

---------------

西武一イケメン言われてるのが水田選手なんやけど、あの人

スキっ歯

やねん

前歯って噛み締める歯と違うから直接関係してくるかどうか分からんけど

スポーツ選手は芸能人以上に歯が命と思ってる私としては、

矯正してほしいなぁ

昨日マリーン選手と大激闘を繰り広げた卓球界の若き天才(しかも超イケメン)マツケン選手もどうやら矯正してるっぽい

やっぱスポーツ選手には歯並びって大事やと思うねんけど、清原選手とかも差し歯になってたしなぁ

[PR]
by okanatsuworld | 2009-05-03 13:01 | sport

無芸大食晴れ女オカナツが留学時代に記していた「無芸大食留学備忘録」の帰国後バージョンです。
by okanatsuworld
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ようこそ「オカナツワールド」へ

2004.7-2005.9の英国留学時代、「無芸大食留学備忘録」というブログを記しておりました。

ブログという媒体が気に入ってしまったので、帰国後も続けてみることにしました。

メールはこちら
miffy_7947@yahoo.co.jp
@を半角にしてください。

Twitter

最新のトラックバック

メル友 藤山/メル友 藤山
from 北海道で人妻との出会い
マスターズ
from あやの日記
大相撲ってどうよ
from 大相撲
藤山 メル友/藤山 メル友
from 北海道で人妻との出会い
「こんにゃく入りゼリー」..
from やあしゅのブログっす
中垣内さんは、スゴイ・・・
from きょう、ナニあった?
しょこたんニュース
from しょこたんが人気の秘密 | ..
しょこたん批判
from しょこたんが人気の秘密 | ..
驚き!今田竜二の意外な情報
from 今田竜二の秘密知ってます?ゴ..
美童
from オモロにゅーす

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな